第37回~水の中でのウォーキング②

 

今回は「水の中でのウォーキング②」です。

 

前回水の特性として「浮力」、「水圧」、「抵抗」をご説明しましたが、もう一つ水中で運動をする際に知っておくべき知識として「水の温度(水温)」があげられます。

 

例えば水泳の授業では、児童では水温が22度以上、水温と気温の和が50度以上といった目安が示されています。

 

では運動に最適な水温は何度なのでしょうか。

 

松本らは健康な成人の競泳競技では25〜28度の水温、中高年齢者の運動機能改善を目的とした水中運動では30度程度の水温、心機能や免疫能が改善する目的の場合は33度程度の水温が有効であると報告しています。

 

また36〜37度程度の水温は一般的に不感温度といわれ、熱の影響が少なく心拍数、血圧、呼吸、酸素消費量などほとんど変化がないと言われています。

 

このように水温は目的によっても異なり、それらを踏まえてうまく調整しなければいけません。

 

一般のプールなどで水温を容易に調整できない場合は保温用水着を使用するのも方法の一つです。

 

次回は「水の中でのウォーキング③」についてお話しします。

 

島根大学医学部附属病院:川本晃平