第33回~ノルディックウォーキングの基本的な歩き方

 

今回はノルディックウォーキングの基本的な歩き方をご説明します。

 

初心者の方におすすめのディフェンシブスタイルでの歩行です。

 

まずポールを適切な長さに調整し、ポールのグリップをしっかりと握ります。

 

基本的には通常の歩行と同様ですが片側のポールを垂直に突くとともに、残りのポールは後ろ足の横に沿え、4点支持を基本とした歩行です(写真参照)。

 

この歩行は一本杖歩行に比べ左右両側の運動となり、効果的な運動となります。

 

また慣れてきたら肘をやや伸ばして腕をしっかりと前に突き出し、歩幅を広げていきます。

 

この歩行はノルディックウォーキングで最も安全かつ安定感のある歩行のためノルディックウォーキングの導入段階として位置付けられており、歩きに不安がある方もまずこちらの歩き方から実践してみましょう。

 

次回はこの歩き方に慣れてきた方やより運動負荷を高めたい人にオススメのアグレッシブスタイルの歩き方をご紹介します。

 

島根大学医学部附属病院:川本晃平