第11回~つまずきによる転倒とその予防法

 

今回は「つまずきによる転倒とその予防法」についてです。

 

転倒の理由としていろいろなものがありますがその中でも「つまずいた」が最も多いという報告があります。

 

つま先が上がらずにつまずいてしまう原因を考えると、その一つに筋力の低下が考えられます。

 

つま先を上げる主な筋肉はすねの横にある前脛骨筋(ぜんけいこつきん)という筋肉になります。

 

この筋肉はつま先を上げる働きと足を内側にひねる働きを持ちます。これによって歩く際の重心移動をスムーズに行うことにもつながります。

 

この筋肉のトレーニング方法を紹介します。

 

いすなどに腰掛け、かかとを床につけます。

 

かかとを前方へ押し出すようなイメージでつま先を反らします。

 

次にゆっくりと元の開始位置までつま先を戻し、これを繰り返します。

 

ゴムチューブなどを足のつけ根に巻いて行うことでより負荷をかけることができますので試してみてください。

 

次回のテーマは「歩く時にしっかり足が上がるためには?腸腰筋の重要性?」です。

 

島根大学医学部附属病院:川本晃平