第29回~骨粗鬆症と栄養③

 

今回は「骨粗鬆症と栄養③」としてビタミンKを紹介します。

 

ビタミンKの役割として主に骨を作る働きを促します。

 

ビタミンKの1日の目標摂取量は250〜300μgです。

 

ビタミンKは納豆、海藻、緑の葉の野菜などに多く含まれており、目安としてキャベツ2枚で78μg、茹でた小松菜1株(50g)で105μg、納豆は1パック(40g)240μg含まれています。

 

特に納豆はビタミンKおよび蛋白質摂取にとても有効であり、納豆の消費量と骨折の発生率は反比例の関係にあるとの報告もあります。

 

注意する点として血栓症(血管内に血の塊ができ血流が閉塞される)や塞栓症(血液によって流れてきた異物(血栓)が血管を塞いでしまう)の予防や治療に用いられる薬であるワルファリンカリウム(ワーファリン○R)を飲んでいる方はビタミンKがその効果を減弱させる可能性があります。

 

そのためこれらを服用されている場合は必ず医師に相談してください。

 

ビタミンKの摂取は骨の健康に密接に関わっているため効果的に摂取しましょう。

 

次回は「骨粗鬆症と栄養④」として筋肉を作るのに重要なたんぱく質について紹介します。

 

島根大学医学部附属病院:川本晃平