スタッフ研修

アトリのスタッフ研修

アトリでは、スタッフ研修として通常業務はもちろんですが、コミュニケーション・接遇を最重要視しています。

アトリ独自のスタッフ研修をご紹介します。

 

 

まずはあいさつと清潔から

皆さんはどのような人に自分の身体を預けたいと思いますか?

どれだけ知識や技術に優れていてもコミュニケーションが取れなければ利用者様のニーズに答えることはできませんし、あいさつができないようでは社会人として仕事が出来ません。

 

アトリでは、コミュニケーションや接遇といった部分に重点をおき、まずはこの最低限の常識が出来ているスタッフを集めています。

そして接遇、礼儀についての指導を受けながら社会人として成長できるように日々努力しています。

 

また、アトリでは施設の清潔を意識しています。皆さんが夢や希望を抱いてきた場所が汚ければそれだけで嫌な気持ちになってしまうと思います。

特にトイレの状態は気持ちが表れる部分ですので、常にキレイな状態を保つように心掛けています。

 

この清潔という部分においてもスタッフで話し合いながら常に清潔を保てるようにしています。

 

 

専門職としての自覚を持ち、常に自己研鑚

現在、理学療法士は全国に10万人以上おり、中には国家資格を取得することがゴールになってしまう人や考えることやめてしまう人もいます。

しかし、アトリにそこで満足するスタッフはいません。

業務後の定期的な勉強会の開催、研修会への参加、研究活動、トレーナー活動など、業務以外の時間も自己研鑚に励んでいます。

 

「できないではなく、どうすればできるか」

「人のために何が出来るか」

ということを大事にし、専門職としての自覚と責任を持ち、利用者様のニーズに答えるために日々努力しています。

 

アトリのスタッフは、それぞれが明確な目標を持ち、その目標に向けて自己研鑚できるスタッフが揃っています。

だからこそ利用者様のことを1番に考えることができ、自分自身も成長できるのだと考えています。

 

研修の内容と様子を紹介します