ゴルフ選手に多いケガとその原因

ゴルフ選手に多いケガとその原因

 

今回はゴルフ選手に起こりやすいケガについてお話しします。

 

下の円グラフをご覧ください。このグラフはアマチュア150名の選手を対象に、発生しているケガの割合を部位別でまとめたグラフです。

 

ゴルフ選手に多いケガとその原因

 

このデータによると

 

腰51%

 

肘23%

 

膝9%

 

であり、全体の半数以上のケガが腰であることが分かります

 

 

以前お話ししたJoint By Joint理論では、腰部は構造上「動きにくい」関節となります。

 

その一方で、腰の上に位置する胸椎は可動性が高く、動きやすい関節です。

 

ゴルフは身体をねじって行うスポーツですので、可動性が高い胸椎を最大限に利用してスイングすることで身体を効率よく動かすことができ、腰に加わる負担をへらすことができます。

 

しかし、胸椎や胸椎と連動して動く肩甲骨周りには多くの筋肉があり、偏った姿勢や筋肉のバランスが悪い状態での運動を続けて行うと、一部分の筋肉が硬くなり、胸椎の可動性が損なわれてしまいます。

 

そのようなコンディショニングでゴルフスイングを行うと、可動範囲が小さい腰椎を使わざるえないことになります。

 

この誤った身体の使い方をミスユースというのですが、ミスユースを続けることで腰の関節や筋肉に負担がかかりやすくなり、最終的にケガにつながります。

 

胸椎・肩甲骨周りのストレッチングを行い、胸椎中心のボディーターンを習得することで腰への負担が減り、痛みが軽減するケースはとても多いです。

 

胸椎のストレッチングについては、以前コラムで紹介していますので、ぜひ試してみてください。

 

参考文献:藤出耕司,臨床スポーツ医学,2001

 

スタッフ(理学療法士):芹田