これでもまだ朝食を抜きますか?

アトリ_出雲市デイサービス

 

前回は「代謝量」に着目して朝食の重要性についてお話ししました。

 

今回は「血糖値」に着目して、朝食を抜くとなぜ太りやすいのかをお話ししていきます。

 


痩せたい人にとって血糖のコントロールが重要であることはご存知ですか?

 

 

ちょっと前まではカロリーばかりに着目してダイエットを頑張っておられる方が多くいましたが、最近ではこの血糖をコントロールするダイエットが有名になってきました。

 

 


まず、なぜ血糖をコントロールすることがダイエットと関係するのか説明します。

 


食事(特に糖質の多い物)を摂ると血糖値が上がります。

 


このとき、私たちの体では血糖値を下げようと「インスリン」というホルモンが分泌されます。

 

 

このホルモンは血糖値を下げるのと同時に食べた物を脂肪にして体に蓄える働きもしています。

 

つまり

 

血糖値↑ → インスリン分泌 → 体脂肪↑

 

という一連の流れが太る原因になります。

 

 

血糖値の上昇が急であればあるほどインスリンの分泌量が増えて太りやすくなるのです。

 

 

では、これらをふまえて朝食を抜くとどうなるかみていきましょう。

 


朝食を抜くということは空腹時間が長くなってしまいますよね?

 


このとき血糖値は下がっています。

 

 

この状態で次の昼食を摂ると血糖値が一気に上がり、インスリンが通常より多く分泌されるので、昼食で食べた物が脂肪になりやすくなってしまいます。

 

 

これが朝食を抜くと太りやすいと言われている2つ目の理由です。

 

 

朝食はもちろん、昼食、夕食を規則正しく食べて血糖値が急激に上がるのを防ぎ、体につく脂肪の量を減らしましょう!

 

 


次回は血糖値をコントロールするための炭水化物(穀類)の選び方についてお話しします。

 

 


スタッフ(管理栄養士) 山本

「お酒控えるようになったのに痩せないしむしろ太りました・・・泣」

アトリ_出雲市デイサービス

今日の栄養カウンセリングに来てくださったお客様はダイエットをされている方でした。

 

まず最初に問診をします。

 

食事内容や運動でダイエットする前と現在で変わったことなどをお聞きします。

 

この方は半年前まで毎日のようにお酒を飲んでおられましたが、最近ではかなりお酒を飲む頻度が減ったそうです。

 


しかし、体重の変化はなく、むしろこの1ヶ月で体重が増えたと嘆いておられました。


その方の食生活を伺ってみると、1ヶ月前から朝食をシリアルに変えられ、それ以外の変化はありませんでした。

 

そのため、体重が増えた原因がシリアルではないかということが考えられます。

 


ダイエットを考えてシリアルを取り入れられる方が多いかと思いますが、成分表示をみてみましょう。

アトリ_出雲市デイサービス

ちなみに1食分(40g)はこの程度です。

アトリ_出雲市デイサービス

これでは足りないのでその倍くらいは食べられていたそうです。


するとカロリーは300kcal近くになり、これにプラス牛乳のカロリーも加わりますよね?

 

糖質も60g・・・

 

糖質が多いということでダイエットする方がまず控える菓子パンでも40~50g程度です。

 

60gというとメロンパンやクリームたっぷりの菓子パンと匹敵するくらいの量です。

 

と考えると意外にもシリアルはダイエットされている方には不向きの食品です。

(ビタミンなど必要な栄養素を一気に摂ることができるのでとても便利な食品ではあります)

 

 

太る原因は人それぞれで違います。


私の場合、お酒を飲みすぎると太りやすい体質です。

しかし、今回相談にいらっしゃった方ではお酒では特に体重の変化に影響はないようですが、甘い物が合わないようでお菓子を食べるとすぐに太ってしまうということがわかりました。

 

 

このようにアトリの栄養カウンセリングでは管理栄養士がおひとりおひとりのお話を伺い、太る原因をを見つけていきます。


それにより効率よく痩せるベストなダイエット方法をお伝えすることができます。

 

 


痩せると聞いたダイエット方法を頑張ってやっているけれどあまり成果が出ない・・・

自分にあった方法を知りたい!

という方はぜひ一度アトリの栄養カウンセリングを受けてみられるのをおすすめします。

 


スタッフ 山本

代謝量を上げたいならまずはこれ!

アトリ_出雲市デイサービス

 

ダイエット中に

食事量減らしているのになかなか痩せない・・・

運動量増やしたのに思うように痩せない・・・


という悩みを抱えられている方はおられませんか?

 

すぐ結果が出る人とそうでない人の違いは何だと思いますか?

 

そう!「代謝量」です。

 

 

「代謝が高いほうが痩せやすい」と言いますが、この代謝を上げる方法をご存知ですか?

 

 


今回は朝食の重要性についてお話しします。

 

「朝食を抜くと太りやすい」というのは聞かれたことありますよね?

 


それには代謝が関係しているのです!

 

私たちの代謝量は朝食を食べることでスイッチが入り,お昼のピークに達するまで徐々に上がり、そこから夜にかけて徐々に下がります

アトリ_出雲市デイサービス

このスイッチとなる朝食を食べないとスイッチがONにならず、代謝がお昼にかけてなかなか上がっていきません。

 


すると昼食や夕食に食べた物が体に脂肪として付きやすい状態になってしまいます。

 

 


ここまでで朝食を抜くと太りやすいと言われている理由が納得できましたでしょうか?

 


次回はさらに「朝食を抜くとそりゃ太るわ~」と思える理由をもう1つご紹介します!

 

 

スタッフ(管理栄養士) 山本

「2階はどんなことをしているの?」

アトリ_出雲市デイサービス

おかげ様でアトリという存在が広がってきている今日この頃です。

 

それと同時に「アトリの2階ではどんなことをしているの?」という声をいただくようになりました。

 

 

ということで今日は2階のサービス内容についてご紹介します!

 


特徴としては理学療法士と管理栄養士がタックを組んで身体のコンディショニングをさせていただいている点です。

 

 

内容はマンツーマンで行うパーソナルトレーニング・栄養カウンセリングと

最大6人で行うグループレッスン・シニア向けの健康運動教室になります。

 

 


今回はマンツーマンで行うパーソナルトレーニングを紹介していきます。

 


パーソナルトレーニングの目的やプログラムはお客様お一人お一人で異なります。

アトリ_出雲市デイサービス

 

アトリが自信を持ってしていること、それは「一人一人の身体の状態をチェックして痛みの原因を見つけ出す」ことです。

例えば「腰痛」では同じ腰の痛みですが、


・筋筋膜性
・椎間板性
・椎間関節性
・梨状筋・外側ハムストリングス症候群(座骨神経痛)
・仙腸関節痛


など原因は様々です。


それぞれで対処法は異なりますので、筋力・柔軟性や骨盤位置などの身体のチェックを行い、痛みの原因を見つけ出した上でトレーニングやストレッチングを行うことがとても重要です。


パーソナルトレーニングではスポーツ選手の方も多く来てくださっています。

アトリ_出雲市デイサービス

練習で痛めた部位の調整やパフォーマンスを上げるための身体の使い方やフォームチェックなど、


運動学や解剖学などを専門的に学び、身体のことについて熟知している理学療法士だからこそできることを提供しています。

 

 

野球のピッチャーであれば、筋力トレーニングだけでは球速はなかなか上がりません。


股関節・体幹・肩関節などの柔軟性を高めたうえで全身を使った投球動作を習得する必要があります。


そのため、アトリでは効果的なストレッチング方法や柔らかくなった可動域を使い切るための専門的なドリル練習などを行っています。

 


自主トレの方法や試合で活躍したい方にはオススメのプログラムです!

 

 

料金や時間など詳しいことは電話かメールにてお問合せください!


アトリのスタッフと一緒に身体のお悩みを解決しましょう!!

 


スタッフ 山本

足のトレーニングで体幹の安定性UP!

アトリ_出雲市デイサービス

アトリのパーソナルトレーニングでは足先の運動機能まで細かくチェックしています。

 

足は唯一地面に接している部位のため、ボディーバランスを保つためにとても重要です。

土台となる足元が不安定な状態であれば、体全体のバランスを上手にとることは当然できません。

 

先日のパーソナルトレーニングでは片足を一歩前に踏み出すランジ動作で体幹が大きくぐらついてしまい、次の動作に素早く切り替えられない選手を担当しました。

 

アトリ_出雲市デイサービス

この選手の体幹の筋力をチェックすると、全く問題ありませんでした。

しかし、足の動きを見ていくと母指外転筋などの安定した土台作りをしてくれる筋肉がうまく働いていないことがわかりました。

 

そこで、それらの筋を刺激するショートフットエクササイズというトレーニングを実施し、その後にもう一度ランジ動作を行うと、体幹のぐらつきは消え、安定したランジ動作を行えるようになりました。

 

最近、体幹トレーニングが流行り、体幹のバランスを意識される方も多いかと思います。

体幹バランス自体が悪いことでパフォーマンス低下をきたしている選手はもちろんいますが、実は足の機能が落ちていてそのために体幹バランスの悪さにつながっている選手もとても多いといえます。

 

動作を改善してスポーツパフォーマンスを高めるためには様々な運動機能をチェックした上でその人に合ったエクササイズを行うことが重要です。

 

 

迷信「酢を摂取すると体が柔らかくなる」って本当!?

アトアトリ_出雲市デイサービスリ_出雲市デイサービス

 

「酢で体が柔らかくなる」と聞いたことがありませんか?

これは本当なのでしょうか?

 

医学的には迷信です。


この言い伝えはお酢の主成分である酢酸の機能が関係しています。

 

酢酸には、卵の殻の成分であるカルシウムを溶かして殻を柔らかくしたり、タンパク質を分解して肉を柔らかくするといった働きがあります。


このことから「酢=肉を柔らかくする=人体も柔らかくなる」という発想が生まれたのかもしれません。

 


しかし、私達人間が酢を飲んでも消化の段階で分解されてしまうので筋肉が酢で柔らかくなるということはありません。

 


直接、体が柔らかくなるということはありませんが「もともと持っている柔軟性を回復させる」という意味では酢が間接的に体を柔らかくする効果を持っているとも言えるかもしれません。

 


というのも酢酸の分解産物であるクエン酸には筋肉のこりをほぐす働きがあります。

 


疲労が溜まると筋肉中に乳酸が溜まり筋肉が硬くなってしまいます。

 


その分だけ柔軟性は落ちてしまいますが、酢を摂取するとクエン酸のおかげでこの乳酸が分解され、筋肉のこりがほぐれます。

 


体をより柔らかくすることは難しいですが、スポーツしていて柔軟性が必要な方はクエン酸をしっかり摂取して疲労物質を溜めないようにすれば筋肉が今より硬くなることを防ぐことは可能かもしれませんね。

 

 

スタッフ(管理栄養士) 山本

[回復済]インターネット・電話が繋がらない障害が発生しています

メガ・エッグで障害発生中

メガ・エッグで障害発生中

 

平素よりお世話になります。

本日9時過ぎより、現在当社が利用しているメガ・エッグ(MEGA EGG)が利用できない障害が発生しています。

 

メガ・エッグのサイトも不通となっていますので、当社側の問題ではなく、メガ・エッグ側の問題と思われます。

 

光電話を使用していますので、電話・FAXも使えない状態です。

 

つきましては、復旧までの間は各担当者への携帯電話または、以下の番号へお電話をいただければと思います。

 

アトリ携帯:080-8851-8727

 

ご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

栄養カウンセリングを実施しました~練習後夕食の時間が遅くなる場合はどうすればいいの?~

アトリ_出雲市デイサービス
アトリ_出雲市デイサービス

この日は陸上の長距離選手のお子様をお持ちの親御様でした。

 

今回のお悩みは「練習で夜ごはんが遅くなるけれど、どんな食べ物を食べればいいの?」でした。

 

 


長距離選手にとって体重管理も必要ですよね?

 


夜遅くの食事は、あとは寝るだけなので食べた物がそのまま脂肪になりやすい・・・

 


しかし、長距離選手の運動量はかなり高く、1日の総摂取エネルギーが不足してしまうと体力が急減してしまいます。

 

 

そのため、体重管理をしつつも体力を落とさない食事摂取が重要になります。

 


夕飯が遅くなる場合は練習前後に炭水化物からのエネルギー補給(おにぎり等)を十分に行い、帰宅後はおかずだけにするといった工夫が必要です。

 


練習後の補食は筋肉が分解されるのを防ぐためにスポーツ選手にとって大切なポイントになります。

 

 

学生選手が正しい食事管理をするためには親御さんの協力が必要不可欠です。

 

 

小さな悩み事でも、「これはどうすればいいんだろう?」と悩まれていることがありましたらぜひ一度アトリにお越しください!

 

 

スタッフ(管理栄養士) 山本

 

さかな、さかな、さかな~さかなをたべると~♪

アトアトリ_出雲市デイサービスリ_出雲市デイサービス

 


「さかな、さかな、さかな~、さかなを食べると~、あたま、あたま、あたま~頭が良くなる~♪」

 


魚を食べると頭が良くなる」という歌詞の部分がありますよね?

 

私が子供のころ、この歌を歌いながら「なんでだろう?」と思っていた記憶があります。

 


なぜ魚を食べると頭が良くなると言われるのでしょうか?

 

それには魚に含まれている「DHA」という成分が関係しています。

 

DHAは脳の「神経細胞の膜(=※シナプス膜)」を形成しています。

(※シナプスは情報を伝えている)

 

DHAが多いほどこの膜は柔軟性を持ちます。

 


そして膜が柔らかいほど「脳機能が活発に」働き、「頭の回転が早く」「記憶力が良く」なると言われています。

 

 


【子供の学習能力向上?】

アトアトリ_出雲市デイサービスリ_出雲市デイサービス

DHAを摂取すると「頭が良くなる」という表現自体は間違っています。


これだけで「もともとの知能を超える」ということはないのです。

 


しかし、DHAを摂取すると神経伝達物質が増えるため、脳の伝達機能が活性化し、結果として「脳機能の低下」を抑制することができるという意味です。

 

 

オックスフォード大学による実験の結果、小学生でもDHAを意識的に毎日摂取した子供のほうが摂取しない子供に比べて「読解力が向上」したという結果が出たそうです。

 

 


これで「お魚天国」の歌の謎が解けましたね!

 

 


スタッフ(管理栄養士) 山本

食品添加物を避けられないのなら影響を受けないようにすればいい!

アトアトリ_出雲市デイサービスリ_出雲市デイサービス

前回は食品添加物の摂りすぎが太る原因になるというお話しをしました。

 

コンビニのパンやおにぎりにはもちろんのこと、家庭で使う調味料にも食品添加物が含まれている時代です。

 

食品添加物を避けた食事をしようと思うと相当、気を使わなければなりません。

 


しかし、体に取り入れた食品添加物を排出し溜めないようにする方法があれば知りたくないですか?

 

その方法がいくつかあるのでご紹介しますね。

アトアトリ_出雲市デイサービスリ_出雲市デイサービス

①主食を白米から玄米に変えてみよう!

気軽にできて1番効果の高い方法になります。

毎食必ず口にするものは主食であるお米ですよね?

 

玄米に含めれる食物繊維や「フィチン」という成分にはデトックス効果(体内の毒素を出す効果)があります。

 

玄米に含まれる食物繊維は白米の5倍も含まれています。

 


②アブラナ科の野菜のパワーを借りよう!

アブラナ科の野菜には、キャベツ、ブロッコリー、小松菜、ケール、カリフラワー、芽キャベツ、大根、白菜、カブ、コマツナ、チンゲンサイなどがあります。

 

これらは、食品添加物を代謝させる肝臓の機能を高め、食品添加物の排出をサポートします。

 


③しっかり噛んで食べましょう!

私たちが噛むときに出てくる唾液は食品添加物の毒素を中和し、その影響を低減させる力があります。

しっかり噛んで唾液の力を借りましょう。

 

 


食品添加物を体の外へ出す工夫をして痩せやすい体質を作りましょう!

 


スタッフ(管理栄養士) 山本