コックアップ型投法のメリットと注意点(野球)

スタッフ芹田

本日はコックアップ式投法についてです。

 

コックアップ投法はファイターズの大谷投手のように、肘は伸ばしきらず、手の甲が三塁側を向いた状態(右投手の場合)から腕が上がってくるタイプです。

このタイプの投手は非常に多いと思います。

そのメリットと動作のミスパターンについてお話しします。

 

まず、メリットとしては肘が伸びきらないので、アーム式と違い、体幹と腕の距離が近くなりやすく、体幹が回転しはじめたときに腕も連動して動き、しなりの角度がでやすいといえます。

しなりの角度が深くなると、その直後のリリース時の腕を振るスピートが早くなり、スピードボールも投げやすくなるといえます。

イメージとしては、ゴムをしっかり引っ張ってから離すと勢いよくゴムが飛んでいく感じです。

 

一方で、陥りやすい動作のミスパターンもあります。

手の甲が三塁側を向いた状態から腕を上げていくときに肘だけが上がりすぎてボール側が上がってこない投手がよくいます。

腕の上げているフェーズを横から見て、下の写真のように肩よりも肘が高くなっていれば肘があがりすぎです。

このパターンでは体の回転に対して腕の上がるタイミングが遅れ、そのため急激に肘へのひねる力がかかり、肘内側側副靱帯損傷などの野球肘のリスクが大きくなります。

 

また、肩の柔軟性が必要な動作であるので、柔軟性が不足している投手がこのタイプで投げていると、トップ位置まで腕を持ってくることが難しくなります。

 

コックアップ型では腕の先(ボール側)の上がってくるタイミングが重要であるといえます。

 

個人的には、コックアップ型とアーム型どちらでもよいと思います。

選手によってスムーズと感じる動作は違います。

しかし、どちらともに陥りやすいミスパターンがあるので、その点には注意が必要だといえるでしょう。