個性がある投球動作(野球)

スタッフ芹田

投球動作の始まりだけみても、ワインドアップ、ノーワインドアップ、ランナーがいなくてもセットポジションで投げる選手など様々です。

もう少し細かいところで腕の上げ方(コッキング)で分類できます。

肘を伸ばした状態で手の甲が上向きになりながら上がってくるいわゆるアーム式(明確な定義はないようです)と、大谷投手のように、手の甲が3塁側を向いた状態から1塁側を向くように(右投手の場合)コックアップ式があります。

 

個人的には、アーム式とコックアップ式はどちらでもよいと感じています。

ただ、どちらのタイプでも陥りやすい動作パターンがあり、それにより肩・肘を痛めやすい、パフォーマンスが上がらないという問題が出てきます。

 

選手によって、筋力、柔軟性、柔軟性、筋バランスなどが全く違うので、投球動作に個性があって当然です。

しかし、ハイパフォーマンスの投手では共通して行われている動作のポイントがあります。

例えば、「肩・肩・肘ライン」といわれるもので、リリースの写真を正面(キャッチャー側)から見て右肩-左肩-肘のラインが一直線になっているかというポイントです。

 

このように、投球動作分析では、型にはめる動作分析ではなく、選手の個性を踏まえた上で、障害予防&パフォーマンス向上に必要な動作についてご説明いたします。