子どもの運動発達 「捕球動作」

 

今回は「捕球」動作についてお伝えします。

 

子どもの運動発達 「捕球動作」

 

図①

引用:観察的評価法による幼児の基本的動作様式の発達

 

上の図は「捕球動作」を発達の段階に応じてパターン1からパターン5まで示したものです。

 

パターン1は

 

・両腕を前方にあげ、肘を伸ばした状態でボールを持つ

・ボールに反応した腕の動作がない

・キャッチの際に顔をそむけたり、腕や手で顔をかばう

 

という特徴があります。

 

パターン2は

 

・肘を伸ばす、もしくはわずかに曲げてボールを持つ

・両腕、体を使ってボールを抱え込む

・キャッチの際に腕や手で顔をかばう、もしくは目を閉じる

 

という特徴があります。

 

パターン3は

 

・腕の使い方はパターン2と同じ

・両腕、体を使ってボールを挟む

・キャッチの際に目を閉じる、もしくはボールを両目で追視する

 

という特徴があります。

 

パターン4は

 

・肘をわずかに曲げる、もしくはリラックスした状態でボールを持つ

・下手でキャッチする

・パターン3と同じ

 

という特徴があります。

 

パターン5は

 

・リラックスした状態でボールを持つ

・顔の正面でキャッチする

・ボールを両目で追試する

 

という特徴があります。

 

参考文献
中村ら:観察的評価法による幼児の基本的動作様式の発達,2011

 

スタッフ(理学療法士):妹尾