ゴルフ選手に多いケガとその対処法

 

今日はゴルフ選手に起こりやすいケガについてお話しします。

 

下の円グラフをご覧ください。このグラフはアマチュア150名の選手を対象に、発生しているケガの割合を部位別でまとめたグラフです。

 

ゴルフ選手に多いケガとその対処法

 

このデータによると

 

腰51%

肘23%

膝9%

 

であり、ケガの約半数が腰であることが分かります。

 

以前お話ししたJoint By Joint理論では、腰部は構造上「動きにくい」関節となります。

 

その一方で、腰部の上に位置する胸椎は本来可動性が高く、動きやすい関節です。

 

しかし、胸椎、特に肩甲骨周りは多くの筋肉があるために硬くなりやすく、可動性が損なわれやすいといえます。

 

胸椎が動きにくい状態でスイングを行うと、可動性が高くない腰椎を無理やり動かすことになり、腰部の関節や筋肉に負荷がかかり、痛みやケガにつながりやすくなります。

 

腰をケガされているプレイヤーは、胸椎周りのストレッチングを行い、胸椎中心のボディーターンを習得することで腰への負担が減る可能性があります。

 

胸椎のストレッチングについては、以前コラムで紹介していますので、ぜひ試してみてください。

 

スタッフ(理学療法士):芹田