子どもの運動発達 「投げる動作」

 

今回は「投げる」動作についてお伝えします。

 

子どもの運動発達 「投げる動作」

引用:観察的評価法による幼児の基本的動作様式の発達

 

上の図は「投げる動作」を発達の段階に応じてパターン1からパターン5まで示したものです。

 

パターン1は

 

・肘を伸ばす動作のみで投げる

 

・足のステップがなくその場で立って投げる

 

・上半身の捻じり、体重移動がない

 

という特徴があります。

 

パターン2は

 

・投げる腕と肩を後方へ引き上げ反対側へ捻じる

 

・足のステップがなくその場で立って投げる

 

・体幹を反対側へ捻じるが体重移動がない

 

という特徴があります。

 

パターン3は

 

・投げる腕と肩を後方へ引き上げ反対側へ捻じる

 

・投げる側の足のステップが出る

 

・体幹を反対側に捻じるが体重移動がない、もしくは体重移動がある

 

という特徴があります。

 

パターン4は

 

・腕の振りに鞭打つようなしなりがある

 

・投げる側と反対側のステップが出る

 

・体幹もしくは骨盤を捻じりステップ足に体重移動する

 

という特徴があります。

 

パターン5は

 

・ワインドアップを伴う

 

・投げる側と反対側の足の引き上げがある

 

・骨盤の捻じりがありステップ足に体重移動を伴う

 

という特徴があります。

 

発達初期では下半身からの力の伝達がなく骨盤・体幹・腕の捻じりが生じません。

 

発達段階に準じて上半身から捻じり動作が生まれ、徐々に下半身に伝達されていくのが特徴です。

 

参考文献

中村ら:観察的評価法による幼児の基本的動作様式の発達,2011

 

スタッフ(理学療法士):妹尾