バックスイングで「右膝は動かさない」本当に正しい?

 

バックスイングでは下半身を固定するために右膝を動かさないようにとよくいわれると思います。

 

今回はその考え方が本当に正しいのかボディーターンの原理から考えてみたいと思います。

 

ボディーターンは身体の中心にある骨盤が回転することでその上にある体幹が追随するようにターンしていきます。

 

バックスイングで「右膝は動かさない」本当に正しい?

 

アドレスで骨盤が前(お腹側)に傾いた状態(緑直線)を作り、バックスイングではその前傾角度をキープしたまま骨盤が回転するのが理想的です。

 

ダウンスイングで骨盤の前傾角度が減少して体が起きた状態になると、下半身の力を効率よく上半身に伝えることができなくなってしまいます。

 

そのため、パフォーマンス向上のためには、アドレスで形成した骨盤角度をキープしたまま、ボディーターンをすることがとても重要です。

 

バックスイングで「右膝は動かさない」本当に正しい?

 

2枚目の写真をみていただくと分かるように、骨盤角度をキープしたまま、ボデイーターンを行うと床からの股関節の距離が長くなります(写真緑〇)。

 

そのため、ボデイーターンに伴う股関節の高さの変化に対応するには右膝を若干伸ばす必要があります。

 

右膝を固定したままボデイーターンを行うと股関節位置の変化に付いていくことができず、

 

・骨盤の回転が小さくなり、ボディーターンが浅くなる
・アドレスで作った骨盤前傾位が崩れてしまう
・上半身で調整しようとしまい、体幹がブレてしまう

 

などの弊害が出て飛距離が伸びない・ショットが不安定につながります。

 

右膝が伸びすぎてしまうと、下半身を固定することができなくなってしまうので、お尻回りの筋肉を使い、地面を押して右膝が若干伸びつつ、下半身を安定させることが重要だといえるでしょう。

 

スタッフ(理学療法士):芹田