子どもの運動発達 「跳ぶ動作」

 

今回は「跳ぶ」動作についてお伝えします。

 

子どもの運動発達 「跳ぶ動作」

 

引用:観察的評価法による幼児の基本的動作様式の発達

 

上の図は「跳ぶ動作」を発達の段階に応じてパターン1からパターン5まで示したものです。

 

パターン1は

 

・両腕の振りがない、もしくは後方へ腕を振る

 

・踏み切り・着地を片足で行い両足がそろわない

 

・踏み切り時に体が直立したままで前傾がない、もしくはやや前傾する

 

という特徴があります。

 

パターン2は

 

・両腕を引き上げ肩をすくめる

 

・踏み切り・着地を片足で行い両足がそろわない、もしくは踏み切り前に下肢を曲げるが十分に伸ばして踏み切れない

 

・踏み切り時にからだがやや前傾する

 

という特徴があります。

 

パターン3は

 

・肘が軽く曲がる程度に両腕をわずかに前方へ振る

 

・踏み切り前に下肢を曲げるが十分に伸ばして踏み切れない

 

・踏み切り時にからだがやや前傾する

 

という特徴があります。

 

パターン4は

 

・肘を伸ばしながら両腕を前方に振る

 

・踏み切り前に下肢を曲げるが十分に伸ばして踏み切れない、もしくは踏み切り時に膝を十分に伸ばす

 

・踏み切り時にからだがやや前傾する、もしくは十分に前傾させる

 

という特徴があります。

 

パターン5は

 

・バックスイングを伴い両腕を前方へ大きく振る

 

・踏み切り時に膝を十分に伸ばす

 

・踏み切り時にからだを十分に前傾させる

 

という特徴があります。

 

初期段階では腕振り、下肢の曲げ、体の前傾が小さくパワーを溜める事が困難です。

 

そこから徐々に下肢の曲がり、体の前傾が大きくなりますが、腕振りが動きに同期しないため十分なパワーを発揮できません。

 

最終的には溜めの動作と腕振りが同期しダイナミックな動作になります。

 

参考文献
中村ら:観察的評価法による幼児の基本的動作様式の発達,2011

 

スタッフ(理学療法士):妹尾