子どもの運動発達 「走る動作」

 

今回から子どもの7つの動作の発達についてお伝えします。

 

まずは「走る動作」についてお伝えします。

 

子どもの運動発達 「走る動作」

 

引用:観察的評価法による幼児の基本的動作様式の発達

 

上の図は「走る動作」を発達の段階に応じてパターン1からパターン5まで示したものです。

 

発達が未熟なパターン1は

 

・腕の振りがない

 

・足の裏全体で接地する

 

・上方向へ蹴り出す

 

・足の蹴り上げがほとんどない

 

・太ももの引き上げない

 

という特徴があります。

 

パターン2は

 

・腕の振りがわずかに生じる

 

・足の裏もしくは踵から接地する

 

・上方向もしくは前方へ蹴り出すが膝が十分に伸びない

 

・小さな足の蹴り上げがある

 

・ふともも引き上げがないもしくはわずかにある

 

という特徴があります。

 

パターン3は

 

ふとももの引き上げに繋がる十分な足の蹴り上げがある

 

という特徴があります。

 

パターン4は

 

肘が十分に曲がった大きな腕振りがある

 

という特徴があります。

 

パターン5は

 

・足の裏の外側から接地する

 

・膝が伸び前方へ蹴り出す

 

・地面とほぼ水平までの太ももの引き上げがある

 

という特徴があります。

 

発達が未熟な時はバランス能力が未熟なため、体を1つの塊として移動させるので手足の動きが生じません。

 

そこから徐々に手足の動きが生じ、上方向への蹴り出しから前方への蹴り出しへと移行します。

 

参考文献
中村ら:観察的評価法による幼児の基本的動作様式の発達,2011

 

スタッフ(理学療法士):妹尾