知っていれば得するサイドステップの注意点

 

サイドステップはバスケットをするうえでとても重要ですよね。

 

では、サイドステップをいつ使うのか?

 

名の通りサイドにステップするのでディメンスやオフェンスで横の動作をするときに使います。

 

この時に知っておかなければいけないのはサイドステップは細かい移動には有効ですが、大きな移動には適していないということです。

 

大きな移動にはクロスオーバーステップを使うことが必要になります。

※クロスオーバーステップについては後日お伝えいたします。

 

大原則として

 

・サイドステップは小さな移動

・クロスオーバーステップは大きな移動

 

このことを頭に入れておいてくださいね。

 

では、大きな移動にサイドステップを使うとどのなるのでしょうか?

 

実際に行って頂くのが1番だと思いますが、サイドステップで大きく足を出すと進行方向と反対の足(右側に移動する場合は左足)の膝が内側に入ってしまいます。

 

パワーポジションの時にもお伝えしましたが、膝が内側に入ると負担が大きくなってしまいます。

 

ゆっくりするとこのくらいと思うかもしれませんが、実際の動きでは大きな負荷が膝にかかってしまいます。

 

その結果、膝の靭帯損傷などのケガのリスクを高めてしまいます。

 

ケガをするとその後の選手生命にも影響が出ますし、なによりスポーツを楽しむ事が出来なくってしまいます。

 

そのならないためにもサイドステップの際に膝が内側に入らないように注意してみてくださいね。

 

次回は「知っていれば得するサイドステップの注意点」の第2段!

 

パフォーマンスUPのために知っておくことをご紹介します。

 

スタッフ(理学療法士):島津