バックスイング習得のための簡単肩関節ストレッチ

 

前回、深いバックスイングを作り出すためには

 

① 胸椎
② 左肩関節
③ 左肩甲骨

 

の柔軟性が重要というお話をしました。

 

今回は自宅でも簡単に行える肩関節ストレッチをご紹介します。

 

バックスイング習得のための簡単肩関節ストレッチ

 

紹介するのはクロスボディーストレッチといわれるものですが、写真の様に横向きで行います。

 

ポイントとしては

 

・反対の手で伸ばす側の肘を下からゆっくりと持ち上げる

 

・肘を持ち上げたときに体が回らないようにするため、上側にある足を交差するように前に出す

 

・真横よりも少し斜め下の方向に寝て肩甲骨が動かないように固定する

 

以上3点に意識して行うと効果的に肩関節を伸ばすことができます。

 

肩の後ろ側が伸びていると感じる位置で最低40秒はキープしましょう。

 

40秒×4セットを目安にして毎日行うようにしましょう。

 

ストレッチは地道なトレーニングですので、継続的に行うのは非常に難しいものですが、パフォーマンス向上には欠かせない要素なので是非取り組んでいただければと思います。

 

スタッフ(理学療法士):芹田