回転軸を平行にするためのポイント

 

今回は回転軸が平行なストレートを投げるためのポイントについてお話しします。

 

回転軸を平行にするためのポイント

 

上の写真はリリースの瞬間ですが、右肩・左肩・左肘(肩-肩-肘ライン)を結んだのが青線です。

 

この肩-肩-肘ラインが一直線になるのが理想的な形といわれています。

 

しかし、肘から先を見てみると青線より少し高い位置にあります。

 

肘が完全に伸びきっていれば、肘からボールまでも青線に一致するはずですが、肘が少し曲がっているために直線よりも上方に移動しています。

 

肘が曲がっていることで手の向きが地面に対して垂直方向に傾き、ボールの回転軸が地面と平行に近づけることができます。

 

逆に、肘が伸びきった状態でリリースすると回転軸が傾いてしまい、きれいなバックスピンが効いたストレートを投げにくくなってしまいます。

 

リリースの瞬間は両肩と投げる側の肘までが一直線上にあり、肘から先は肩-肩-肘ラインよりも上方にあるのがポイントといえるでしょう。

 

リリースの瞬間を正面から撮影すると簡単に確認することができますので、是非チェックしてみてください。

 

スタッフ(理学療法士):芹田