お絵描きにあらわれる子どもの心

 

皆さんは子どものお絵描きを注目して見られたことがありますか?

 

お絵描きをする際には感情を司る右脳が働くので、その時の心理状態が描いた絵に映しだされるといわれています。

 

今回は子どもがお絵描きに使う色と心理状態の関係についてお伝えしようと思います。

 

ピンク:幸福感に満たされ幸せな気分のときによく使用します。

 

黄色:楽しい気分のときによく使用します。一方、かまってほしい時や愛されたい想いが強いときのも使用します。

 

白:正義感が強い子どもや完璧主義で神経質な子どもが使用することが多いです。また、自信を失っている時によく使用します。

 

緑:マイペースな子どもやおだやかな子どもが使用することが多いです。一方、疲れている時にも使用する傾向があります。

 

水色:素直な子どもが使用することが多いです。また、さみしい時にも使用します。

 

青:集中力がある子どもや、自立心の高い子どもが使用することが多いです。また、落ち込んでいるとき、眠たいときにも使用します。

 

紫:体調が優れないとき、気持ちが疲れている時に使用することが多いです。

 

赤:好奇心旺盛な子どもや活発的な子どもが使用することが多いです。一方、強いストレスを抱えているときは黒と一緒に使用します。

 

黒:強いストレスや恐怖を感じているときに使用することが多いです。特にグチャグチャに塗りつぶすような絵を描いたときは要注意です。

 

いかがでしたでしょうか?

 

子どもが描く絵を注目し心理状態を汲み取ることで、より良い関わりにつながるかもしれません。

 

スタッフ(理学療法士):妹尾