ハンズアップと肩甲骨の関係性

 

前回は胸椎の柔軟性をチェックする方法をお話ししました。

 

今回は肩甲骨の柔軟性とハンズアップの関係性についてお話します。

 

ハンズアップはその名の通り手を上げる動作です。

 

手を上げるためには肩を動かさなくてはいけません。

 

では、肩を上げるために必要なことは何なのか。

 

1つではありませんが肩甲骨の柔軟性がとても重要になります。

 

最近よく背中が丸くなり、頸が前に出ている姿勢を見かけます。

 

このような姿勢では肩甲骨が前に傾く(前傾)ような状態になり、その状態が続くと小胸筋などの筋肉が固くなります。

 

その結果、肩甲骨の柔軟性が低下してしまいます。

 

先ほどもお伝えしましたが、手を上げるときには肩甲骨の柔軟性が重要です。

 

そのため柔軟性が低下してしまうと肩を上げる角度が小さくなってしまい、その分腰などで代償してしまいます。

 

これではケガのリスクを高めてしまうことにつながります。

 

逆に肩甲骨の柔軟性が改善すればスムーズに手を上げることができるようになります。

 

これはケガのリスクを軽減させるだけでなく、手が動きやすくなったことでパフォーマンスの向上も期待することができます

 

「背中が丸くなり、頸が前に出た姿勢」

 

このような姿勢の人は、肩甲骨に加えて前回お話しした胸椎の柔軟性が低下している場合が多いので、ぜひ一度自分の姿勢を、チームメイトの姿勢を確認してみてください。

 

スタッフ(理学療法士):島津