科学的な指導でゴルフパフォーマンス向上

パーソナルトレーニング_出雲市

この雑誌はJGAゴルフジャーナルというゴルフ専門誌です。

ゴルフ場に置かれていることが多く、見かけたことがあるという方が多いのではないでしょうか。今回はこの雑誌の中で取り上げられていた

「JGAナショナルチームの強化プログラム」についてご紹介したいと思います。

 

 

JAPAN GOLF ASSOCIATION (JGA)ではナショナルチームを強化しているのですが、2015年に選手育成のために海外からスポーツ科学に精通したヘッドコーチを招へいしたそうです。

 

それ以前は筋力・柔軟性などのデータ計測を行ったとしても活用方法が分からず、パフォーマンス向上に役立てることができていなかったそうです。

 

このコーチが指導に加わった2015年以降は個人の体力測定を行い、そのデータを基に、トレーナーが各選手にどの運動機能が足りていないかを見極め、効率よくパフォーマンス向上を図ることができるようなメニューを作成するようにしたそうです。

 

この育成方法を導入してからは日本女子オープンの優勝や、ネイバーズトロフィーチーム選手権(2017年)で13年ぶりに男女アベック優勝するなど数々の好成績を収めています。

 

選手個々でスイングの課題やパフォーマンス向上に必要な運動機能(体幹・股関節筋力や骨盤周囲の柔軟性、バランス能力など)は異なります。

 

その課題を明確にしてトレーニングに取り入れることができるのがスポーツ科学の大きな利点だといえ、全員が同じトレーニングを漫然と繰り返すのは非効率だといえます。

 

 

経験や感覚での指導ではなく、科学的根拠をベースとした選手育成がますます広まっていくことが競技力向上には欠かせないでしょう。

スタッフ(理学療法士):芹田