正しく「前で投げる」ためには体幹・骨盤がカギ

 

もっと前で投げろ」と指導を受けた経験がある方は多いのではないでしょうか? 「前で投げる」のはパフォーマンス向上のために欠かせない重要な動作なのですが、正しい理解のもとで的確なチェックを行わないと理想とかけ離れたフォーム形成を助長することになるために注意が必要です。

 

前でリリースしようとする意識が強すぎると腕だけでボールをバッター方向に近づけて投げようとします。

 

その結果、肘の位置が低くなり、リリースでは手を押し出す形になります。イメージとしてはダーツ投げや猫パンチに近い動作です。

 

この形は、一般的に「肘下がり」といわれており、肘関節に負担がかかりやすくだけでなく、スピードボールを投げるのも難しくなります。

 

正しく「前で投げる」ためには体幹・骨盤がカギ

 

次に、正しく前で投げるためのポイントについてご紹介します。

 

どうしてもボールを離す腕の動きに着目しがちかと思いますが、実は骨盤と体幹の動きが重要なポイントになります。

 

バッターに一番近い所で投げるためには、まず、骨盤がキャッチャー方向に傾き(前傾)、回転(股関節の回旋)して体幹が左肩と右肩が入れかわる(右投手の場合)ところまで捻る必要があります。

 

その位置から腕が伸びながらリリースすることで理想的なリリースをむかえることができます。

 

「前で投げる」とは腕だけで行われる動作ではなく、全身を巧みに使うことで完成される高度なスキルだといえます。

 

動作をチェックする場合は、腕の使い方だけでなく、骨盤・体幹の動きに注目して行うようにしましょう。

 

次回は、正しい角度でリリースできているかチェックするときのポイントについてお話ししたいと思います。

 

スタッフ(理学療法士):芹田