バックスイング始動で大切な2つのポイント

 

バックスイングの始動でヘッドを引いていく動作のことをテイクアウェイといいます。

ゴルフスイングはテイクアウェイから始まる一連の流れ中で行われる動作であるので、テイクアウェイで誤った動作があるとスイングは安定しません。

インパクトでフェースが開いてしまっている原因がテイクアウェイにあるというプレイヤーはとても多いです。

今回はスイングを安定させるために重要なテイクアウェイの注意点についてお話しします。

 

テイクアウェイではアドレス時の右腕・左腕・両肩を結んだラインで形成される三角形をキープしたまま身体を回転させることがポイントになります。

この三角形の例えはよくいわれることなのでご存知の方も多いかと思います。

 

パーソナルトレーニング_出雲市

 

しかし、この三角形を過剰に意識することで動作のエラーが起こりやすくなるため正しい動作で行えているかチェックが必要です。

三角形をキープしたままクラブを振り上げる意識が強すぎると両腕と上半身の偏った動作となり、股関節の動きがロックされて右足への重心移動が制限されてしまいます

それだけでなく、全身を使ったダイナミックな捻転動作を作り出すことができなくなり、手打ちやヘッドスピードが上がらないなどのパフォーマンス低下につながります。

 

パーソナルトレーニング_出雲市
パーソナルトレーニング_出雲市

 

テイクアウェイで重要なのは右足股関節の回転(内旋)を伴いながら腕をふりあげていくということです。

上の写真を見るとお尻が背中側に引けています。お尻が引けているということは股関節がしっかりと回転することができているということになります。

股関節を回転させるときの注意点についてですが、アドレス時に骨盤は前(おへそ側)に向けて傾斜(前傾)するため、その傾斜を保ったまま回転させなければなりません

股関節を回転させようとすると上体が起きやすくなり、アドレス時の骨盤の傾斜が崩れてしまいます。

この崩れは身体のブレとなり、スイングの乱れにつながってしまいます。

また、骨盤の傾斜が少なくなることで股関節の力をクラブに伝えることも難しくなり、パワーロスにつながってしまいます。

スイング動作の問題がテイクアウェイにあることはとても多いのでぜひ一度チェックしてみてください。

スタッフ(理学療法士) 芹田