つま先より膝をださないとはどういうこと?

 

前回の記事で正しい言葉も意味を理解していないと悪影響を及ぼすというお話をさせていただきました。

 

今回は「つま先より膝を出さない」という言葉の意味について説明させていただきます。

 

パワーポジションで最も重要なのは股関節を使うということです!

 

股関節が使えていると大殿筋やハムストリングスというお尻の後ろ側にある筋肉に刺激が入るのを感じることができると思います。

 

突然ですが、皆さんは股関節でペットボトルがつぶせますか?

つま先より膝をださないとはどういうこと?

 

これが出来ない方は股関節が上手く使えていないかもしれません。

 

股関節が使えていないとその代わりに膝関節の動きを過剰に使ってしまいます。

 

(膝関節優位の方は大腿四頭筋というもも前面の筋肉が強く働きます)

つま先より膝をださないとはどういうこと?

 

その結果、つま先よりも膝が出てしまいます。

 

このような動きをしている方がつま先より膝を出さないようにするとどうなるでしょうか。

 

股関節を使うことができないので後方重心になってしまい悪影響を及ぼしてしまいます。

 

これでは意味がありませんよね。

 

大事なのはいかに股関節を使えるかです!

 

まずは股関節でペットボトルを挟んでみてください。

 

その状態で股関節が使えていればつま先より膝を出さなくてもつま先が浮くことなく行えます。

 

まずはこれができるか、ここからです!

 

つま先より膝を出さない」の前にしっかり股関節を使えるようになりましょう!

 

スタッフ(理学療法士):島津