〇〇を増やせば脂っこい食事に強くなる?

前回、歳をとるにつれて若いころのような食事をすると胃もたれに苦しむ原因についてお話ししました。


とは言っても、やっぱり脂っこいものは美味しいので食べたくなりますよね?


食べてから後悔・・・なんてことも。


今回は脂っこい食事にも勝てる可能性がある方法について紹介します。

十二指腸が脂肪を消化するのを助けてくれるものが胆汁酸です!


胆汁は胆のうに貯蔵されており、脂肪の多い食事をすると十二指腸で分泌され、脂肪を分解してくれます。

この胆汁酸は排便により古い物の一部が排出され新しく生まれ変わります

 


【胆汁酸と野菜】

胆汁酸の合成に食物繊維は直接は関係していませんが、胆汁酸を新しいものに作りかえるきっかけを作っているのは野菜などの食物繊維です。

 

快便や便秘の解消に食物繊維は大切ですので、胆汁酸を作りかえるスイッチを入れるためにはしっかりと野菜を食べることがポイントです。

 

 

【胆汁酸の合成に直接関わっている野菜】

ビーツ
オクラ
ケール
ナス
人参
芽キャベツ
ブロッコリー
さやいんげん
アスパラガス
ほうれん草


などです。

 

 


脂肪の多い食事になりがちな方やお肉が好きな方はこのような野菜を意識してたくさん食べると良いでしょう!

 

 

スタッフ(管理栄養士) 山本