無月経は放置しないで!!

前回はエネルギー不足が原因で起こる無月経についてお話ししました。


この無月経が原因で骨が弱くなり、疲労骨折や将来の骨粗鬆症にもつながりかねません。


今回は、なぜ無月経が骨に関わるのかお話しします。


月経に伴って分泌される女性ホルモンは、骨の形成に欠かせません


骨は壊れたり、再生したりを繰り返して強度を保っています。


骨を再生するために、この女性ホルモンが必要なのですが、無月経になると女性ホルモンが不足し骨が再生されなくなるので骨の破壊ばかりが進み、骨がもろくなってしまうのです。

アトリ_出雲市デイサービス

この状態で激しい運動を続けると、負荷に耐えきれず疲労骨折を起こしてしまいます。


骨折が治っても原因である無月経が改善しなければ疲労骨折をくりかえしてしまいます。

 


階級制の柔道やボクシング、軽い方が有利となる体操やフィギアスケート、長距離走など競技によっては減量を強いられる競技もあります。

 


もともと筋肉量が多い選手や減量期間が短く急激に体重を落とす選手は食事量を減らす傾向があるのでエネルギー不足になり無月経となる選手が多くいます。

 

 


しかし、監督も親御さんも本人も、無月経と疲労骨折が繋がっているとは思わないのです。

 

エネルギーが足りていないサインである無月経は疲労骨折になる危険が高まるということをしっかり周りの大人の方が知っておいてあげてくださいね。

 

 

そしてサインにいち早く気づいて栄養量と運動量を見直しましょう!

 


スタッフ(管理栄養士) 山本