迷信「酢を摂取すると体が柔らかくなる」って本当!?

 

「酢で体が柔らかくなる」と聞いたことがありませんか?

これは本当なのでしょうか?

 

医学的には迷信です。


この言い伝えはお酢の主成分である酢酸の機能が関係しています。

 

酢酸には、卵の殻の成分であるカルシウムを溶かして殻を柔らかくしたり、タンパク質を分解して肉を柔らかくするといった働きがあります。


このことから「酢=肉を柔らかくする=人体も柔らかくなる」という発想が生まれたのかもしれません。

 


しかし、私達人間が酢を飲んでも消化の段階で分解されてしまうので筋肉が酢で柔らかくなるということはありません。

 


直接、体が柔らかくなるということはありませんが「もともと持っている柔軟性を回復させる」という意味では酢が間接的に体を柔らかくする効果を持っているとも言えるかもしれません。

 


というのも酢酸の分解産物であるクエン酸には筋肉のこりをほぐす働きがあります。

 


疲労が溜まると筋肉中に乳酸が溜まり筋肉が硬くなってしまいます。

 


その分だけ柔軟性は落ちてしまいますが、酢を摂取するとクエン酸のおかげでこの乳酸が分解され、筋肉のこりがほぐれます。

 


体をより柔らかくすることは難しいですが、スポーツしていて柔軟性が必要な方はクエン酸をしっかり摂取して疲労物質を溜めないようにすれば筋肉が今より硬くなることを防ぐことは可能かもしれませんね。

 

 

スタッフ(管理栄養士) 山本