お腹周りのお肉を撃退しよう!

 

前回の続きになります。

 

①代謝を上げるためには内臓を活発に動かすことが必要で、そのためには食物繊維を摂りましょう!

 

②お腹のお肉は、糖質が脂肪になったものなので糖質の代謝を上げる食事をしましょう!

 

 

この2点についてお話ししました。

 

 

気になる脂肪の部位別に食べすぎである食品がわかると言われています。

アトアトリ_出雲市デイサービスリ_出雲市デイサービス

お腹周りの脂肪が気になる方は炭水化物を摂りすぎている場合が多いです。

(その他の例として、二の腕→お肉の脂身、乳製品の摂りすぎ。背中→料理での油の摂りすぎ)

 


摂取した炭水化物をしっかりエネルギーに変えて脂肪になることを防ぐにはビタミンB1が必要です。

 

例えば、糖質の多いお酒を飲むときは、おつまみにビタミンB1が多く含まれている枝豆を選ぶと良いでしょう。

 


(夏に土曜の丑の日があるのは、昔の人の知恵でビールをたくさん飲むようになる夏にビタミンB1が豊富なウナギを食べよう!ということで設定されたかもしれませんね・・・あくまでも私の勝手な推測ですが。笑)

 

 

コンビニでお肉メインのお弁当を買う場合は豚肉の生姜焼きを探してみましょう。

 

豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれており、さらに生姜焼きにすることでビタミンB1の働きを助ける栄養素も一緒に摂取することができます。

 

 


コンビニにも最近は種類豊富なお惣菜が売られています。


・きくらげ入り春雨(はるさめ)
・ひじきの煮物
・切り干し大根
・おから
・きんぴらごぼう

 

上記のメニューは食物繊維が豊富なお惣菜です。

 


働き盛りの忙しいサラリーマンの方でも生活に取り入れることができるので、ぜひ、今日からお昼ご飯の買い物を意識してみてください!

 

 

スタッフ(管理栄養士) 山本