スポーツ選手は貧血になりやすい?対策は?

貧血に悩まれているスポーツ選手は多いのではないでしょうか。


これからの時期、気温が上がり夏バテをしやすくなると貧血も起こりやすくなってきます。

 

貧血になると酸素が不足してしまうので有酸素運動の能力が低下してしまいます。

 

そのため、特に持久系競技をされている方のパフォーマンスに大きく影響してきます。

 

 


〈なぜスポーツ選手は貧血になりやすい?〉

1番の予防法は十分なエネルギー量の摂取とバランスの良い食事をすることです。

 

しかし、激しい運動をしたあとは食欲が落ちてしまいます。

 

夏になり、夏バテをしてしまうと食欲がより落ちやすくなります。

 


そのため、十分な食事量を摂取できず、必要なエネルギー量と栄養素を補うことが難しくなってしまいます。


そんなときは専門家の指導のもと、サプリメントや錠剤を使用してみるのもひとつの手です。

 

 

〈特に意識して摂取したい栄養素〉

「鉄」はもちろん、鉄を運ぶヘモグロビンの材料となる「たんぱく質」や鉄の吸収を高める「ビタミンC」、血液を作る「ビタミンB群」の摂取を特に意識して摂取できるようにしましょう。

 


次回は実際にどんなメニューが貧血予防や対策におすすめなのか紹介します!

 

 

スタッフ(管理栄養士) 山本