持ってる力を試合で最大限に出し切るための食事方法

みなさんは試合前の食事で食べるタイミングに悩まれた経験はございませんか?

 


昼頃に試合があれば、昼食はいつ食べよう?


食べてすぐは動けない・・・
しかし食べなければお腹空いて力が出ない・・・


試合と試合の間の時間が中途半端で間食に困る・・・

 

今回は試合前の食事についてお話しします。

 

試合に向けてできるだけエネルギーを貯えておくために当日の朝食は高炭水化物食にしましょう。

 

 

試合開始の3~4時間前までに食事を済ませておくことがポイントです。

 

試合開始時には『胃の中は空っぽ、しかしエネルギーは満タン!」という状態がベストです。

 

 

脂質は胃の中の滞在時間が長く、負担がかかるので控えましょう。

 


試合開始3~4時間前に十分な食事を済ませても1日に何回も試合を行う競技や試合時間が長い競技では途中で頭と体のエネルギーが切れ、スタミナや集中力が落ちてきてしまいます。

 

そこで、試合開始時間や試合と試合の間の時間を考慮して食べるものを選び、上手に栄養補給をするコツをマスターしましょう。

アトアトリ_出雲市デイサービスリ_出雲市デイサービス

例)予選が12時半、準決勝選が15時の場合
 
 ・8時頃に朝食で炭水化物中心の食事を!
         
          ↓
          
         アップ

          ↓
 
 ・11時半頃にバナナかエネルギーゼリーなどで補充

          ↓

          予選

          ↓

 ・試合が終わってからすぐにバナナを!

          ↓

 ・14時半ごろにエネルギードリンクを!

          ↓

         準決勝戦

このような流れでエネルギーを補充できるのが理想的です。

 


試合の時間によって食べる物を考えるのは難しいですが、上のイラストを参考にしてみてください。

 

 

スタッフ(管理栄養士) 山本