ニキビにお悩みの方!スキンケアばかりに気を使っていませんか?

ニキビと食べ物が実は大きく関係しているのをご存知ですか?

 

ニキビはアクネ菌の繁殖により発生すると考えられています。

このアクネ菌は皮脂を好んで繁殖するという特徴があります。

 

そのため、ニキビを防ぐために食事で皮脂量をコントロールすることがとても大切です。

 

脂肪分の多い食べ物は皮脂の分泌を増加させてニキビを悪化させてしまいます。

 


皮脂の分泌を抑えるためには脂質の代謝を促す必要があり、この働きを担っているのがビタミンB2ビタミンB6です。

 

 

【ビタミンB2を多く含む食品】

アーモンド、卵類、牛乳、納豆

 

 

【ビタミンB6を多く含む食品】

卵類、緑黄色野菜、魚類

 

 

〈上記2つの栄養素が摂取できるおすすめの料理〉


ニラと卵の両方がビタミンB2を豊富に含み、料理の組み合わせもしやすいのでおすすめです!


例えば、ニラ玉やニラ入り卵焼き、ニラ入り天津飯など・・・

アトリ_出雲市デイサービス

〈糖分や脂肪分が多い食べ物は控えめに!〉

スナック菓子やファストフードなどの糖分や脂肪分が多く含まれている食品は、皮脂の分泌を増加させてニキビを悪化させてしまうのでなるべく避けましょう。

 


〈カフェインを含む飲み物も原因に!〉

コーヒーなどに多く含まれるカフェインには、ビタミンやミネラルを体外に排出してしまう働きがあります。

 


せっかくビタミンB2、ビタミンB6を意識して摂取していても効果を発揮することができなくなります。

 

 

その結果、皮脂の分泌が増えてしまうので気を付けましょう!

 

 

次回は乾燥肌にお悩みの方向けのお話をします。

 

 

スタッフ(管理栄養士) 山本