プロテインの効果を最大限に引き出そう!

前回に引き続き今回もプロテインについてお話しします。

前回はプロテインの種類と特徴についてお話ししましたが、今回は筋肉量を増やすために最適なプロテインの摂取方法についてお話しします。

 

 

〈トレーニング後30分以内に!〉

日々の運動やトレーニングによって筋肉の繊維は傷つきます。

そうすると、筋肉は激しい運動にも耐えられるように運動以前よりも強い筋肉を作ろうとします。

これを超回復といい、この過程が繰り返されることでどんどん筋肉が強くなっていきます。

しかし、傷ついた筋繊維に栄養が入らなければ筋肉量・筋力アップにつながりません。

なぜなら、たんぱく質が不足した体では、時間の経過とともに筋肉を分解してエネルギーに変えられてしまうからです。

 

せっかくトレーニングをしているのに、筋肉量が減ってしまえば本末転倒ですよね。

そのため、筋肉がエネルギーに変えられてしまうまでにたんぱく質(プロテイン)を補充してあげる必要があります。

トレーニング後30分以内が「回復のゴールデンタイム」といわれています。

この時間帯は傷ついた筋組織を修復するための栄養素を体にたくさん取り入れようとして通常時よりも吸収率が高まります。

このときに筋肉の材料となるタンパク質(プロテイン)を補給することで、傷ついた筋組織のより速い回復、強化が期待できます。

 

 

〈プロテイン + 炭水化物でさらに効果アップ〉

アトリ_出雲市デイサービス

少し難しい内容になりますが、

私たちの体は、炭水化物を食べると血糖値が上がります。
すると上昇した血糖値を下げるために、体内でインスリンの分泌が促進されます。

このインスリンにはタンパク質を体内に吸収させ、筋肉の分解を防ぐ働きがあります。

また、トレーニングで消費したエネルギー分の補充ができていないと、筋肉を増やすために摂取したはずのたんぱく質が優先的にエネルギーとして使われてしまいます。

 

そのため、エネルギー源となる炭水化物を一緒に摂取することが重要なポイントになります!

せっかくプロテインを飲むのであれば、正しく使用してプロテインのもつ効果を最大限に活用したいですね。

次回からは競技別ごとに摂取したい栄養素についてお話ししていきます。

スタッフ(管理栄養士) 山本