フォークボールが落ちる原理と簡単アドバイス

フォークボールが落ちる原理と簡単アドバイス

 

今日はフォークボールが落ちる原理と投げるための簡単なアドバイスについてお話しいたします。

 

以前「ボールがホップする?マグヌス効果について」でお話したようにボールにバックスピンがかかると圧力差によって揚力が生じ、ボールに浮き上がる力が加わります。

 

一方、フォークボールはボールを挟んで投げることにより、ボールの回転数が著しく減少します。

 

ストレートが1秒間に30回転ほどするのに対してフォークボールは10回程度しか回転していないそうです。

 

回転数が少ないことによってボールに揚力が生じにくく、ボールが重力に抵抗することができずに自然に落下していきます。

 

質の高いフォークボールを投げるためにはいかに球速を下げずに回転数を抑えた投球をできるかがポイントになります。

 

フォークボールが落ちる原理と簡単アドバイス

 

リリース直前に手首や指が動いてしまうとボールに回転がかかってしまうので、手首・指を固めて投げる必要があります。

 

手指の力をボールに伝えられない分、より股関節・体幹・腕の連動性が求められます。

 

肘下がりのリリースでは肘から先の部位しか使うことができず、球速を保つことができません。

 

手指を固めた状態で球速を落とさずリリースするためには、体全体がしなり(横から見てCカーブを形成した位置)から肘より先が伸びてくるリリースが必要となります。

 

この体の使い方はフォークボールに限らず、ハイパフォーマンスを発揮するために必須の動作となりますので、ぜひチェックしてみてください。

 

スタッフ(理学療法士):芹田

 

バックスイング習得のための簡単肩甲骨ストレッチ

バックスイング習得のための簡単肩甲骨ストレッチ

 

今回はストレッチ第2弾で肩甲骨の柔軟性を高めるストレッチをご紹介します。

 

バックスイング習得のための簡単肩甲骨ストレッチ

 

まず、四つばいになります。

 

次に、伸ばす反対側の腕を前(写真左手)につきます。

 

そして、伸ばす側の手を体の下にくぐらせる(写真右手)ようにしてなるべく遠くまで入れていきます。

 

下向きではなく、体を捻るように動かすようにしましょう。

 

ポイントは、腕だけを動かすのではなく、肩甲骨からくぐらせるということです。

 

肩甲骨を床に着けるイメージで行うと、肩甲骨周りの筋肉を効率よく伸ばすことができます。

 

肩甲骨周りが伸びていると感じる位置で30秒止めるようにしましょう。

 

注意点として腰痛がある方は無理せず、様子をみながら行うようにしてください。

 

30秒3セット行ってからスイングすると、今までよりも楽にバックスイングをとれるようになりますのでぜひ試してみてください。

 

スタッフ(理学療法士):芹田

 

回転軸を平行にするためのポイント(腕の角度について)

回転軸を平行にするためのポイント(腕の角度について)

 

前回に引き続いてボールの回転軸を地面と平行にするためにどうすればいいのかお話ししますが、今回は腕の角度に注目したいと思います。

 

以前「オーバースローではなぜ体幹を傾けるのか?」の回でお話ししたように体幹を左側に傾ける(右投手)ことで腕の位置を調整してリリースしています。

 

そのため、リリースするときの指・手首の角度は体の傾き加減によって決まります。

 

回転軸を平行にするためのポイント(腕の角度について)

 

上の写真では、体の傾きが大きく、その結果、手首・指が真っすぐになっているのが分かるかと思います。

 

この角度からたたきつけるようにスピンをかけることできれいなバックスピンをかけやすくなります。

 

体の傾きが大きい投手ほどストレートが速いという研究データも出ていますので、球質以外の投球パフォーマンスにおいてもこの傾きが重要だといえます。

 

ただ、体の傾きを大きくするためには体幹の柔軟性や支えとなるステップ脚の筋力が必要になってきます。

 

これらの身体能力が備わっていないと投球時のバランスが崩れやすくなりますので注意が必要です。

 

スタッフ(理学療法士):芹田

 

第24回~骨粗鬆症と転倒の関係③

第24回~骨粗鬆症と転倒の関係③

 

今回は「骨粗鬆症と転倒の関係③」です。

 

前回骨粗鬆症では脆弱性骨折(骨粗鬆症が原因で発症する骨折)を防ぐこと、骨折の連鎖(脆弱性骨折後に再度骨折してしまうこと)を防ぐことが重要となることをお話ししました。

 

日本での地域在宅高齢者の年間転倒発生率は10〜25%程度で、一般住民の方では一般道路や歩道が転倒の発生場所の半数を占め、日中の外出機会が多い時間帯に転倒の頻度が高いという報告があります。

 

骨粗鬆症の予防と治療のガイドラインの中で中高年者の予防に関して「自己管理による歩行運動も有効である」、「一般中高年者には、歩行を中心とした運動の日常的実施を推奨する」(グレードB)と記載されており、骨粗鬆症の予防のためには歩行が重要であることが記載されています。

 

具体的な歩行の注意点として普段よりやや歩幅を広くして、やや速足で歩くことが薦められています。

 

通常速度での歩行では運動効果が少なく、1日30〜60分、1回で歩いても良いし、2〜3回に分けても良いと言われています。

 

また週2〜7回行うことが薦められています。

 

次回も予防方法をご紹介します。

 

島根大学医学部附属病院:川本晃平

 

第23回~歩行と骨粗鬆症の関係②

第23回~歩行と骨粗鬆症の関係②

 

今回は「歩行と骨粗鬆症の関係②」です。

 

骨粗鬆症が原因で発症する骨折を脆弱性(ぜいじゃくせい)骨折といい、軽微な外力(一般的に立った高さからの転倒)で発生した骨折のことを指します。

 

骨粗鬆症では骨強度の低下に伴って骨折発生のリスクが増大すると言われています。

 

発生数が多い骨折の種類として椎体骨折(背骨の骨折)、大腿骨近位部骨折(大腿骨の付け根の骨折)、橈骨遠位端骨折(手首の骨折)、上腕骨近位部骨折(上腕骨の付け根の骨折)があり、これらは高齢者の四大骨折とも呼ばれます。

 

脆弱性骨折を受傷してしまうと再度骨折してしまうリスクが高くなってしまいます。

 

これを「骨折の連鎖」と言います。

 

さらに驚くべきことに例えば椎体骨折を一度受傷すると前腕、椎体、大腿骨近位部を骨折するリスクがそれぞれ1.4倍、4.4倍、2.3倍に高くなるとの報告もあります(Klotzbuecher CMら、2000)。

 

そのため骨粗鬆症では脆弱性骨折を防ぐこと、骨折の連鎖を防ぐことが非常に重要となります。

 

次回具体的な予防方法についてお話しします。

 

島根大学医学部附属病院:川本晃平

 

バックスイング習得のための簡単肩関節ストレッチ

バックスイング習得のための簡単肩関節ストレッチ

 

前回、深いバックスイングを作り出すためには

 

① 胸椎
② 左肩関節
③ 左肩甲骨

 

の柔軟性が重要というお話をしました。

 

今回は自宅でも簡単に行える肩関節ストレッチをご紹介します。

 

バックスイング習得のための簡単肩関節ストレッチ

 

紹介するのはクロスボディーストレッチといわれるものですが、写真の様に横向きで行います。

 

ポイントとしては

 

・反対の手で伸ばす側の肘を下からゆっくりと持ち上げる

 

・肘を持ち上げたときに体が回らないようにするため、上側にある足を交差するように前に出す

 

・真横よりも少し斜め下の方向に寝て肩甲骨が動かないように固定する

 

以上3点に意識して行うと効果的に肩関節を伸ばすことができます。

 

肩の後ろ側が伸びていると感じる位置で最低40秒はキープしましょう。

 

40秒×4セットを目安にして毎日行うようにしましょう。

 

ストレッチは地道なトレーニングですので、継続的に行うのは非常に難しいものですが、パフォーマンス向上には欠かせない要素なので是非取り組んでいただければと思います。

 

スタッフ(理学療法士):芹田

 

第22回~歩行と骨粗鬆症の関係①

第22回~歩行と骨粗鬆症の関係①

 

今回は「歩行と骨粗鬆症の関係①」です。

 

皆さん骨粗鬆症という言葉を一度は聞かれたことがあるかと思います。

 

骨粗鬆症というのは骨がもろくなり、骨折しやすい状態にある全身的な骨の問題です。

 

原因は2つあり、1つ目に20歳代までに獲得する最大骨量(これが生涯で最大となる骨量)が少ないことです。

 

2つ目に骨は生涯にわたって絶えず古い骨を吸収して新しい骨を作る新陳代謝を繰り返しており、このバランスが崩れ、骨を壊す方が勝ることによって骨量が減少することがあげられます。

 

このバランスが崩れる原因は主に閉経、加齢、運動不足があります。

 

骨粗鬆症の日本の患者数は1,280万人(男性約300万人、女性約980万人)と推計されています。

 

言い換えると約10人に1人の割合で骨粗鬆症の方がおられるということです。

 

「骨粗鬆症は骨の老化の問題だから仕方がない」と思われていないでしょうか?

 

多くは骨粗鬆症治療も転倒などで骨折を起こしてからやっと始めるという方が多いのが現状です。

 

ぜひ予防の観点から考えてみてください。

 

次回は「歩行と骨粗鬆症②」です。

 

島根大学医学部附属病院:川本晃平

 

回転軸を平行にするためのポイント

回転軸を平行にするためのポイント

 

今回は回転軸が平行なストレートを投げるためのポイントについてお話しします。

 

回転軸を平行にするためのポイント

 

上の写真はリリースの瞬間ですが、右肩・左肩・左肘(肩-肩-肘ライン)を結んだのが青線です。

 

この肩-肩-肘ラインが一直線になるのが理想的な形といわれています。

 

しかし、肘から先を見てみると青線より少し高い位置にあります。

 

肘が完全に伸びきっていれば、肘からボールまでも青線に一致するはずですが、肘が少し曲がっているために直線よりも上方に移動しています。

 

肘が曲がっていることで手の向きが地面に対して垂直方向に傾き、ボールの回転軸が地面と平行に近づけることができます。

 

逆に、肘が伸びきった状態でリリースすると回転軸が傾いてしまい、きれいなバックスピンが効いたストレートを投げにくくなってしまいます。

 

リリースの瞬間は両肩と投げる側の肘までが一直線上にあり、肘から先は肩-肩-肘ラインよりも上方にあるのがポイントといえるでしょう。

 

リリースの瞬間を正面から撮影すると簡単に確認することができますので、是非チェックしてみてください。

 

スタッフ(理学療法士):芹田

 

第20回~フレイルと筋肉について

第20回~フレイルと筋肉について

 

これまでフレイルと歩行についてお話ししてきました。

 

歩行以外にもフレイル判定の運動機能として筋力を指標とすることもあります。

 

今回は筋力測定の中でも簡便でスポーツテストなどで多くの方は経験したことのある握力についてお話しします。

 

まず測定方法の一例として①両足を肩幅に開いて立ち、②グリップの握る位置を握りやすいように調整する、③測定時は立位とし、全力で握る、④利き手で2回測定します。

 

その際の注意点として腕は上体から離れすぎず、また腕が上体についたり振り回したり、膝を曲げたりしない、②2回の測定値の高い方を記録とします。

 

握力とフレイルの関係として「フレイル判定・診断の提案」(J-CHS)では男性が26kg未満、女性が18kg未満を基準としています。

 

握力は脚や体幹などのより大きな部位の筋力と関係が深く、個人間の全身の筋力の優劣を相対的に反映しているとも言われています。

 

スポーツ施設などで定期的に測定してみてはいかがでしょうか。

 

次回はフレイルと栄養についてお話しします。

 

島根大学医学部附属病院:川本晃平

 

第19回~フレイルを予防するためのウォーキングに一工夫を

第19回~フレイルを予防するためのウォーキングに一工夫を

 

高齢期において、目的を持った生活を続け、継続的に毎日の歩数や身体活動量が多いことが、フレイルや筋力低下を予防する上で重要であるとされています。

 

このように積極的に体を動かすことでフレイルを予防することが期待できます。

 

しかしどのような運動をすれば効果的なのでしょうか?

 

また続けやすい運動とはどのようなものでしょうか?

 

前回はウォーキングについてお話ししましたが、今回ご紹介したいのはスロージョギングと呼ばれるものです。

 

北嶋らは歩行速度のペースで行うスロージョギングは主観的な運動強度の感じ方は同一速度の歩行と同じであるにも関わらず、酸素摂取量が高いという特徴があると報告しています。

 

池永らは歩行速度のペースで行うスロージョギングの効果として12週間続けることで、有酸素能の向上と太ももの筋細胞の量が増えることが明らかになったと報告しています。

 

ぜひ普段のウォーキングに一工夫を加え、より効果的にフレイルを予防してみてください。

 

次回はフレイルと筋力についてお話しします。

 

島根大学医学部附属病院:川本晃平