第14回~転倒を予防するためのバランス運動

第14回~転倒を予防するためのバランス運動

 

今回は「転倒を予防するためのバランス運動」です。

 

以前運動器不安定症の診断基準としてご紹介した開眼片脚起立を行います。

 

運動をするための準備として転倒しないように必ずつかまるものがあるところで行うようにします。

 

方法は片方の足を床につかない程度にあげます。

 

1分間立つことを目標にします。

 

途中で足が床についても再度挑戦し、合計で1分間片脚立ちすることを目指しましょう。

 

またただ足を上げて立つだけでなく軸足、上半身はなるべくまっすぐに保つように心がけます。

 

手を離して行うことが難しい場合は片手で軽くものを持ちながら行います。

 

この際に足を上げた方の手でものを持つようにします。

 

軸足側の手でものを持ってしまうと安定しすぎてしまい十分な運動強度にならないからです。

 

1日3回ずつ行うことを目標にしましょう。

 

次回は「フレイル」についてです。

 

島根大学医学部附属病院:川本晃平

 

第13回~下半身を強化するスクワット

第13回~下半身を強化するスクワット

 

今回は「下半身を強化するスクワット」をご紹介します。

 

スクワットは下半身の筋肉を全体的に鍛えることができますし、筋力のトレーニングとしてだけではなく全身の協調性のトレーニングとしても有効です。

 

方法は肩幅よりやや広く足を開き、つま先をまっすぐ前もしくはやや外側に向けます。

 

膝がつま先よりも前に出ないようにお尻を後ろに突き出すようにしながらゆっくりと膝を曲げます。

 

こうすることで膝に負担をかけないようにすることと、おしりと太ももの裏の筋肉をしっかりと使うことができます。

 

またこの時に膝の曲がりが90度を超えないようにすること、勢いをつけずゆっくり行うこと、つま先に対して膝が内側や外側を向かないようにつま先と膝の向きを揃えることなどに注意します。

 

そこからゆっくりと膝を伸ばし、元の開始姿勢に戻ります。

 

この方法が難しい場合は安定したものにつかまりながら行ったり、椅子から立つ運動で代用することもできます。

 

次回は「転倒を予防するためのバランス運動」です。

 

島根大学医学部附属病院:川本晃平

 

ポップするボールの正体!マグヌス効果について

ポップするボールの正体!マグヌス効果についてス効果について

 

みなさん「マグヌス効果」という言葉をご存知でしょうか?

 

球種によって大きく差はありますが、ボールは回転をしています。

 

そのボールの回転に対してマグヌス効果が働き、ボールが落ちやすくなったり、反対に落ちにくくなったり(いわゆるノビのあるストレート)と様々な変化が起こります。

 

今日はこのマグヌス効果について説明させて頂きます。

 

ポップするボールの正体!マグヌス効果についてス効果について

 

上の図は投げたボールがバッター方向に向かって進んでいるものです。

 

右が投手側で左がバッター側です。

 

赤色がボールの回転方向を示していてこの図ではストレートで生じるバックスピンがかかっています。

 

バックスピンの方向に空気(青矢印)が引きずられるため、 引きずられた空気が流れていく側のスピードが大きくなります。

 

今回の図ではボールの上側の空気の速度が下側より速くなります。

 

そしてこのスピードが速いほどボールに対する圧力が小さくなり(ベルヌーイの定理といいます)、その圧力の差によってボールに垂直で上向きの力(揚力)が働くようになります。

 

ただ、ボールには重力など他にも様々な力がかかっているため、現実的にはボールがホップすることはなく、ノビのあるストレートになります。

 

藤川投手のストレートはテレビで見るとホップしているように見えてバッターが空振りすることがとても多いですが、きれいなバックスピンがかかってボールに生じている揚力が大きいことが一因だと思います。

 

スタッフ(理学療法士):芹田

 

サッカー選手の背骨をチェックしていますか?⑥

サッカー選手の背骨をチェックしていますか?⑥

 

前回の背骨のお話の続きです。

 

背骨の機能がなぜ重要なのかについてはお伝えしておりますので、今回は背骨(胸椎)の柔軟性の確認方法の一つをご紹介させて頂きます。

 

以下の写真、説明文を参考に実施してみて下さい。決して無理はしないで下さい。

 

サッカー選手の背骨をチェックしていますか?⑥
サッカー選手の背骨をチェックしていますか?⑥

 

いかがでしたでしょうか??

 

今回は前回お伝えした生理的な背骨の弯曲と反対方向の動きが出せるのかを確認しています。

 

背骨(胸椎)については、前回お伝えしたように生活習慣や普段の姿勢、ストレスなどによっても柔軟性が低下しやすい部位です。

 

上記の確認方法はそのままセルフケアにも繋がりますので、無理のない範囲で深呼吸と合わせながら実施してみて下さい。

 

その他、確認方法や改善方法などを知りたい方は我々専門家にお任せ下さい。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

アスレティックトレーナー:松本康佑

 

第11回~つまずきによる転倒とその予防法

第11回~つまずきによる転倒とその予防法

 

今回は「つまずきによる転倒とその予防法」についてです。

 

転倒の理由としていろいろなものがありますがその中でも「つまずいた」が最も多いという報告があります。

 

つま先が上がらずにつまずいてしまう原因を考えると、その一つに筋力の低下が考えられます。

 

つま先を上げる主な筋肉はすねの横にある前脛骨筋(ぜんけいこつきん)という筋肉になります。

 

この筋肉はつま先を上げる働きと足を内側にひねる働きを持ちます。これによって歩く際の重心移動をスムーズに行うことにもつながります。

 

この筋肉のトレーニング方法を紹介します。

 

いすなどに腰掛け、かかとを床につけます。

 

かかとを前方へ押し出すようなイメージでつま先を反らします。

 

次にゆっくりと元の開始位置までつま先を戻し、これを繰り返します。

 

ゴムチューブなどを足のつけ根に巻いて行うことでより負荷をかけることができますので試してみてください。

 

次回のテーマは「歩く時にしっかり足が上がるためには?腸腰筋の重要性?」です。

 

島根大学医学部附属病院:川本晃平

 

回転数を高めるために重要なのは指

回転数を高めるための重要なポイント

 

近年、投手のパフォーマンスをはかる指標として球速だけでなく、回転数を使うことが多くなりました。

 

一般的に球速が速い投手ほど回転数が高く、メジャーリーグのトップクラスでは1分間に2300~2500回転もしているといわれています。

 

しかし、中には球速が速くなくても回転数が高いストレートを投げる投手もいます。

 

代表的なのが、メジャーで活躍した上原投手で球速は140km/hほどですが回転数は2600回転もあります。

 

回転数を高めるための重要なポイント

 

キレやノビのあるストレートと表現されるストレートを投げる投手はこの回転数が高く、球速以上にバッターは速く感じるようです。

 

回転数を高めるためにはいくつかポイントがありますが、特に重要なのが指の動きです。

 

今日はその点についてお話しします。

 

リリース直前の指の動きを見てみると人差し指と中指でボールを強く押しこんでいます1)。

 

よく「スナップをきかせて投げる」といわれますが、それでは手首だけの動きが強調されてしまい、回転数を高めるには不十分です。

 

また、リリース直前でただボールを押し込むだけでなく、人差し指と中指の第1関節と第2関節は反り返る方向に動いています2)。

 

この指のしなりがあることでより強くボールを押し込むことができるといえます。

 

成書では、第一・第二関節は真っ直ぐまでしか伸びないと記されていますが、関節のゆるみがあるために反る動きが多少出ます。この反る動きがとても重要です。

 

自宅でも簡単に行えるエクササイズとしては、人差し指と中指の第1・第2関節を反った状態で机を押すトレーニングがオススメです。

 

1) Kinoshita.H et al:Finger forces in fastball baseball pitching.Hum Mov Sci,2017
2) Jon Hore et al:Skilled throwers use physics to time ball release to the nearest millisecond.J Neurophysiol,2011

 

スタッフ(理学療法士):芹田

 

 

第10回~運動器不安症

第10回~運動器不安症

 

前回は転倒経験のある人の歩き方の特徴や歩く能力の低下が転倒と深く結びついていることを説明しました。

 

今回は「運動器不安定症」についてです。

 

「運動器不安定症」とは高齢化などにより、バランス能力が低下し、その結果閉じこもり・転倒のリスクが高まった状態と定義されています。

 

運動器不安定症の診断基準のテストは2つあります。

 

一つは「開眼片脚起立時間」です。

 

方法は目を開けた状態で両手はどこにも捕まらず、片脚にてバランスを保ち、上げていた足が地に着くまでの時間を計測します。

 

二つ目は「3m Timed up and go test」です。

 

方法は椅子に座った状態から立ち上がり、3m先まで歩いてから再び戻り椅子に座るまでの時間を計測します。

 

開眼片脚起立時間が15秒未満、3m Timed up and go testが11秒未満の場合は運動器不安定症と診断されます。

 

詳しくは公益社団法人日本整形外科学会のホームページをご覧ください。

 

次回は「つまずきによる転倒とその予防法」についてです。

 

島根大学医学部附属病院:川本晃平

 

サッカー選手の背骨をチェックしていますか?⑤

サッカー選手の背骨をチェックしていますか?⑤

 

突然ですが、サッカー選手の背骨をチェックしていますか??

 

脚ではなく、背骨ですか??と感じる方も多いかもしれません。

 

今回はサッカー選手において背骨の機能がいかに重要であるかという話をさせて頂ければと思います。

 

サッカー選手の背骨をチェックしていますか?⑤

 

まずは背骨の構造についてですが、写真のような3つの弯曲を構成しています。

 

この3つの弯曲が非常に重要です。

 

この弯曲により、

 

衝撃を吸収する(全体の約90%を担う)

 

•上半身や下半身の力を伝達する(全体として力を出す)

 

ことを可能とします。

 

この弯曲の崩れや柔軟性の低下が生じるとどうなるでしょうか??

 

上半身や下半身を多用するサッカー競技において、力の伝達がうまく行われずパフォーマンスは低下します。

 

また衝撃が背骨で吸収されないことで様々な関節や筋肉に負担が加わることにもなります。

 

したがって、サッカー選手において背骨弯曲背骨の柔軟性非常に重要なのです。

 

この背骨は、普段の姿勢や精神的なストレスなどによっても弯曲の崩れや柔軟性の低下が生じます。

 

そのため、普段のセルフケアが重要となります。

 

セルフケアの方法などを詳しく知りたい方は我々専門家にご相談下さい。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

アスレティックトレーナー:松本康佑

 

第9回~高齢者の歩き方と転倒

第9回~高齢者の歩き方と転倒

 

今回は「高齢者の歩きと転倒」についてです。

 

日本での転倒の発生率は地域高齢者では約10〜20%と報告されており、転倒によって骨折などを受傷することで寝たきりになる可能性が高くなると考えられます。

 

転倒の経験がある人とない人で歩き方を比べた時に転倒を経験したことがある人は「歩く速度が遅い」、「歩幅が小さい」、「歩調の変動が大きい」といった特徴があるといわれています。

 

これはただ単に歩く速さや歩幅の問題だけではなく、歩き方が不安定になると転びやすいということを示しています。

 

また米国老年医学会のガイドラインにおいても歩行能力が低下することで転倒発生の危険度が2.9倍になると報告されています。

 

さらに転倒の多くは歩いている際に起こることからも歩く能力の低下は転倒につながる可能性が高いと言えます。

 

そのため転倒を予防するための方法の一つとして歩く能力が低下していることに気づくこと、またこれらを予防することがとても大切になってきます。

 

次回は「運動器不安定症」についてです。

 

島根大学医学部附属病院:川本晃平

 

新たなパフォーマンス数値「回転数」とは?

新たなパフォーマンス数値「回転数」とは?

 

最近では、投手のパフォーマンスを回転数で表すことが多くなっています。

 

メジャーリーグではトラックシステムという機器を使ってボールの回転数を計測してその数値を公表しています。

 

ストレートでは回転数が多いことにより、リリースした直後の速度(初速)と終速の差が小さくなり、バッターからは球速以上に速く感じ、打ちづらいボールになるようです。

 

球速と回転数は相関関係に近い(球速が高い投手ほど回転数が多い)ようですが、中には球速が低くても回転数が多い投手もいます。

 

その代表的な選手が上原投手です。

 

球速としては140km/hほどですが、回転数は2600回転/分といわれており、メジャー(メジャー平均2200回転/分)でもトップクラスです。

 

ダルビッシュ投手の回転数は2485回転/分でMLB投手199名中の8位であったといわれていて、このデータを参考にしても上原投手の回転数の多さが際立ちます。

 

140km/hのストレートでメジャーの選手から空振りをとれる一つの要因だといえるでしょう。

 

新たなパフォーマンス数値「回転数」とは?

 

ここでみなさんが気になるのは回転数が高いボールを投げるためにはどうすればよいのかという点だと思います。

 

残念ながら今までの投球バイオメカニクスの研究では球速に着目したものが多く、回転数に関する報告はまだ少ないといえます。

 

その中でも一つ興味深い見解を挙げるとすれば、「指の動きが回転数に影響を与えている」という点です。

 

次回はその点にについてお話しいたします。

 

スタッフ(理学療法士):芹田