セミナー開催の背景

アトリ水上コラム

 

28日に私のYouTubeに関するセミナーが控えています。

ときどき次のようなご質問をいただきます。

 

「アトリは運動など理学療法士の施設なのに、なぜYouTubeなのですか?」

 

バカバカしくて答える気にならない質問、愚問だなぁと感じる瞬間です。

 

 

それぞれの専門性を地域に還元

セミナー開催の背景

運動は理学療法士

栄養は管理栄養士

とアトリでは専門性を最大限に活かしています。

 

ならば、私の専門は、と言うと、このアトリを立ち上げるまでになったビジネスモデルや収益化ではないでしょうか。

 

そもそも、理学療法士や管理栄養士で高給をもらっている人は本当に少ないように感じます。

 

病院勤務で医療報酬制度の元なので、給与には限界があります。
さらには、医療報酬改正に左右され、年々報酬が低くなってきている現実。

この先20年後を見据えた活動をしている理学療法士がどのくらいいるのか。

 


そんな理学療法士たちには大いに危機感を持ってもらい、努力を継続した者だけが生き残る。

そして、アトリのある出雲へ理学療法士が活動の場を求めてやってくる。

 

このような施設を目指す一環の流れとしてはすごく当然のセミナーかと考えます。

 


出雲から日本へ、世界へと情報発信をする仲間を一人でも増やしていければと思います。

 

セミナーの詳細は↓

8月イベントのご案内

「良くなった」と言われ思い上がる人が多い中…やはり大切なのは客観性

1万時間の法則

アトリ水上コラム

 

目の前の利益と手間だけを考える。。。

 

そんな人が多い、という話は以前このブログで書かせていただきました。

 

今月からアトリではスタッフによるセミナーをメインに実施して参ります。

その中で私が担当するのは経営的なものを中心としますが、第1回目は

 

「YouTubeで月21万円の副収入~今の生活に少しのゆとりを~」

 

というタイトルでセミナーをさせていただきます。

 

 

継続しない人が多いからチャンスがある

アトリ水上コラム

 

「1万時間の法則」

を聞いたことがありますか??

 

アメリカ人ジャーナリストのマルコム グラッドウェル(Malcolm Gladwell)氏が提唱した理論で、天才や一流と呼ばれる人たちに共通するポイントして1万時間も間断なく努力を続ける点があったそうです。

 

俗に「3年頑張れ!」というのもこの1万時間の法則からではないでしょうか。

 

1日9時間×365日×3年=9855時間

 

となりますので、ほぼほぼ1万時間となります。

 

この法則を上辺だけ読んでしまうと、1日9時間も毎日無理だ!と思いますが、私は「努力を毎日続けろ!」ということだと思います。

 

今回はYouTubeにスポットを当てましたが、インターネットで稼ごうとしてもすぐに結果は出ません。

1日0円、なんて日が当然のように続きます。

 

しかし、ユーチューバーと呼ばれる人だちが数億円も稼いでいるのも事実です。

 

あるユーチューバーの動画を見ましたが、稼げるようになったのは2年経過してから、と語っていました。

2年間、毎日2動画をアップし続けたそうです。

 

巷には「すぐに稼げる」「即効!!」なんて本やネット記事がありふれています。

 

私自身も色々と試してきた結果ですが、

 

すぐに、楽して稼げることはない!!

 

と断言できます。

 

楽に稼いでいるように見せてる人たちも、やはり継続した努力と新たな着眼点があったからこそです。

 

その点を踏まえた上で、なるべく早く、普段から楽しく作業、となるような稼ぎ方、方法をセミナーでお伝えしていければと思います。

 

セミナーの詳細は↓

8月イベントのご案内

「良くなった」と言われ思い上がる人が多い中…やはり大切なのは客観性

「体重が落ちてきて心配!」~栄養カウンセリングを行いました~

アトリ_出雲市デイサービス

先日行った栄養カウンセリングの内容の一部をご紹介します。


今回は、急に痩せた旦那様を心配した奥様がお越しくださいました。


まず、事前に1日3食分の食事内容がわかるお写真を送っていただき、栄養価計算をさせていただきました。

 

カウンセリング当日は食事内容だけでなく、1日の運動量などの生活スタイルについても問診することで栄養状態をより深く把握していきます。


普段の食事で十分に摂取できている食材とそうでないものを実感していただくために食事の写真を見ながら一緒にチェックしていきました。


内容は下の写真のような感じでバランスの良い食事が摂れていれば、コマが綺麗に回る仕組みになっています。

アトリ_出雲市デイサービス

この方の場合、1日に必要な炭水化物量を摂取できていませんでした。

原因としてはイモ類、根菜類が全く使われていないことが挙げられました。


自宅でも手軽に栄養改善ができるようにおかずの品数を増やさずにイモ、根菜類が摂取できる方法やメニューを紹介しました。


また、食べる量を増やすのは難しいということでしたので、必要な栄養素を効率よくエネルギーとして吸収できる食材の組み合わせのポイントについてもお伝えしました。

 

これにはかなり関心を持っていただき「これならできそう!」というお言葉もいただきました。

 

 

スポーツをしていて疲れやすい、走るタイムが落ちた、夏バテで食事量がとれないなど・・・


食事の見直しで状態が改善する場合が多々あります!

お悩みがあるかたはお気軽にご相談ください。

 

 

スタッフ(管理栄養士) 山本

ダイエットが食事と運動の両方が必要なのはどうして?

アトリ_出雲市デイサービス

先日、ダイエットをされている方の栄養カウンセリングで質問されたことを少し紹介したいと思います。

 

「なぜダイエットは食事と運動の両方が大切なのですか?どっちかだけを頑張ってもダメですか?」

 

このような質問をいただきました。

 

どちらかだけでも、効果はあると思います。

 


しかし、運動と食事の両方からアプローチするのと比べて痩せやすさは劣りますし、かなり苦労すると思います。

 


その理由を私の実体験をもとにわかりやすく説明しますね。



アトリ_出雲市デイサービス

上の表をご覧ください。


私が「お酒で増えた体重を落とそう!」と意気込んでダイエットを始めた最初の頃は、「飲み会も間食も我慢できないからとりあえず運動を始めよう!」とジムに通い始めました。

 

●表の「消費カロリー」の欄を見ていただくとわかるように、私は基礎代謝量(何もしなくても消費されるカロリー)が約1.000kcalあります。
(基礎代謝量は体組成計で測れますし、計算式でも求められます。)

 

それに加え、週に5回ジムに通い、ランニングマシーンを40分程度して400kcal消費していました。


1週間の消費カロリーは約9.000kcalになります。

 


●「摂取カロリー」ですが自分の食事量でだいたいのカロリーがわかるので計算すると1.500kcal程度。

週末は飲みに出かける機会が多く、3.200kcal程度。
飲み放題でだいたい10杯飲みますが梅酒ロック(1杯100kcal)を5杯、カクテルや酎ハイ(1杯200kcal)を5杯飲みます。


1週間の摂取カロリーは約12.40kcalになります。


ジムに通い始めて消費量も増えたのですが、なかなか体重が減らず・・・


やっぱり食事の管理も必要か・・・と思い、食事量も気を付けるようになってから体重が落ちてきました。

 

●食事管理で間食やお酒の頻度を控え、そのときの「摂取カロリー」は8.600kcal程度まで落ちました。
(あくまでも単純計算です)

 

 

では、これらを踏まえて運動と食事の両方が大切な理由を詳しく説明していきますね。

 

 

【運動だけを頑張った場合】

運動をする前に比べ、増えた消費量は1週間で2000kcalなので1日平均約285kcal消費量UP

→7.200kcal÷285kcal=25

約25日で1㎏痩せる計算になります。

 

 

【食事管理で頑張った場合】

食事改善前に比べ、1週間でマイナス3800kcalなので1日平均542kcalDOWN!

→7.200kcal÷542kcal=13

約13日で1㎏痩せる計算になります。

 

 

【運動と食事管理を一緒に頑張った場合】

ダイエット前に比べ、1日平均でマイナス827kcal!

→7.200÷827kcal=8.7

約9日で1㎏痩せる計算になります。

 

 


こうやってみると食事管理がいかに大切なのかわかりますよね?

 


そして運動することで代謝が上がりもっと痩せやすい体質を手に入れることができるはずです!

 

アトリには理学療法士と管理栄養士がいますので両方の面で専門的にサポートすることができます!

 

 

なかなか痩せなくて困っている方はぜひアトリにお越しください。

1回のカウンセリングでポイントを掴むだけでも大きく変わると思いますよ。

 

スタッフ 山本

リバウンドをしない体質を手に入れよう!

アトリ_出雲市デイサービス

管理栄養士として仕事をしているとダイエットに挑戦されている方が本当に多いと感じています。

 

ダイエットをされている方には栄養にも関心を持たれている方が多く、栄養カウンセリングにも大変興味を持っていただいています。

 


そのような方はテレビや本、インターネットなどを利用して情報収集されているのがわかります。

 


しかし、テレビでは「〇〇だけで痩せられる」という情報が出回っていたり、簡単に痩せられるサプリの広告が掲載されていたりしますが、現実的とはいえません。

 


もし減量に成功したとしても、このようなダイエットではリバウンドが起こりやすくなります。

 


私自身も高校生の頃からダイエット経験がありますが、学生時代は専門知識がなかったため、無理なダイエットをしていました。

 

 


その結果、拒食症になったり、リバウンドでダイエット前より体重が増えてしまったという経験もあります。

 


失敗した経験も踏まえながら、管理栄養士の勉強もして専門的な知識を身につけることができました。

 

 

アトリでは管理栄養士が体の仕組みをお話ししたうえで健康を維持しつつ効率よく痩せられる方法を提案することができます。

 

 


また、健康的に痩せて綺麗な体のラインを作るには食事制限だけでなく運動も必要だということも自分のダイエット経験の中で実感できました。

 

 


このような経験や知識をたくさんの人にお伝えできたらなと思っています。

 

 


「持っている知識を使って自分の身体を変えた!」という実績がありますので、皆様のダイエットを成功させる自信があります!

 

 


しかし、ダイエットを成功させるためには皆様のやる気も必要になってきます。

 


やる気のある皆様!ぜひ一緒にダイエットを成功させましょう!

 

 


スタッフ 山本

筋肉のバランスを整えて動きやすい体を手に入れよう!

パーソナルトレーニング_出雲市

パーソナルトレーニングではNeurokinetic Therapy(以下 NKT)というテクニックを用いて筋肉のバランスをチェックしています。

NKTはアメリカ発祥の技術で現在、ヨーロッパ・アジアなど世界中で広まっています。具体的には全身の筋力チェックを行うことで「身体のどこに問題があるのか」を探っていくシステムです。

何か運動するときには一つの筋肉が単体で働いているのではなく、複数の筋肉が相互に影響しあうことで成り立っています。

そのときに一つの筋肉が過度に活性化された状態(これをFacilitatedといいます)になると他の筋肉が働きづらい状態(これをInhibitedといいます)になり、複数の筋肉がバランスよく収縮することができず、その結果、筋出力が低下しています。

筋肉のバランスを確認せずにトレーニングを行うと活性化されている筋肉だけをさらに刺激することになり、ますます筋肉バランスの悪化につながる危険性があります。

動きやすい身体を作るためにはまずFacilitatedの筋肉を見つけ出し、その筋肉を緩めることで過度の活性を抑制する必要があります。そうすることで今まで抑制されていた筋肉が自然と入りやすくなり、軽く動かしただけで大きな力を出すことができるようになります。

パーソナルトレーニング_出雲市

上の写真はお尻の外側にある中殿筋という足を横に開く筋肉のチェックですが、中殿筋の上にある腰方形筋や前側にある大腿筋膜張筋がFacilitatedされていて中殿筋がうまく使えていない(Inhibited)ケースが非常に多いです。

このような方に中殿筋トレーニングをしたとしても腰方形筋などがより活性化されてしまい、ますます足の筋力が低下してしまいます。

そのため、まず腰方形筋に対してストレッチングやホールドリラックスなどを行うことで筋肉を緩め、その後に中殿筋に刺激を入れるトレーニングを行う必要があります。

バランスよく筋肉を使えているときには運動している本人が動きやすさを感じることができます。

スポーツパフォーマンス向上のためには良好な筋肉バランスを作った上でトレーニングをすることがとても重要です。

コンディショニング調整を希望されるかたはお気軽にお問い合わせください!

バランスチェックでパフォーマンスアップ!

パーソナルトレーニング_出雲市

パーソナルトレーニングでは

様々なバランスチェックをして体のゆがみやスポーツパフォーマンス低下の原因がどこにあるかを確認していきます。バランスが悪いことでパフォーマンスが低下することはみなさん想像できるかと思いますが、自分自身のバランスの悪さがどこからきているか把握している方は少ないのではないでしょうか?

私達が行うバランスチェックの中で必ず実施しているのが片足立ちです。

片足立ちは身体のバランスの乱れが如実に現れるので
非常に有益なチェック方法です。

片足立ちをチェックするときのポイントは
・安定しているかorグラグラしているか

のただ二者択一での判定ではなく、
片足立ちを不安定にさせている原因を予測するということです。

片足立ちをしたあとにさらに細かいチェックを行い、バランスの悪さに直結する運動機能をピンポイントで見つけていきます。その部位に対してトレーニングすることでバランス能力低下の根本的な解決につながり、短期間で効率よく状態をよくすることが可能になります。

パーソナルトレーニング_出雲市
パーソナルトレーニング_出雲市

上の写真で右足を軸にして立っている方をみると、踵から大きく外側に傾斜しているのが分かると思います。そのため、体全体の重心が右側にずれてしまい、バランスを保つのが難しくなっています。

この片足立ちから考えられる課題として

・踵骨のマルアライメント(踵の位置が悪い)
・母趾外転筋の機能低下
・偏平足
・外反母趾
・足首の柔軟性低下
・前足部回内可動域低下(足指の柔軟性低下)
・距腿関節の不安定性(足首の関節)
・中殿筋の機能低下
・骨盤のコントロール低下

などが挙げられます。

片足立ち一つだけでもこれだけの課題が考えられます。

やみくもにバランストレーニングをするのではなく、
バランスチェックの結果を踏まえてその人にとって本当に必要なトレーニングを行うことがパフォーマンス向上のために重要です。

栄養カウンセリングは他にもこんなことをしています!!

アトリ_出雲市デイサービス

 

これまでの記事で紹介してきたように2階では栄養カウンセリングを行っています。

 

 

記事ではダイエットしたい方向けやスポーツ選手の方へのカウンセリング内容を紹介してきましたが、アトリでは他にもいろいろなプログラムがあります。

 

 

おおまかにプログラム内容の紹介をしていきます。

 


【妊産婦の方向け栄養カウンセリング】

妊娠して栄養がしっかり摂れているか心配という方や産後ダイエットの仕方がわからないという方向けのプログラムです。

 

・赤ちゃんに必要な栄養素のお話

・時期ごとの食事の仕方

・必要な栄養素をどうすればしっかり摂れるのか

・産後に重要となる栄養素のお話

・産後ダイエットの注意点


などをお話ししています。

 

 


【インナーケアによって美容を保ちたい方向けの栄養カウンセリング】

お肌に良い美容用品を購入してスキンケアに力を入れている方は多いかと思います。

 


もちろん外からのケアも大切ですが、私たちのお肌を作っているものは毎日の食事です。

 


そのため、インナーケアがとても重要です。

 

乾燥、うるおい、シワなどお悩みは人それぞれあり、みなさん様々なスキンケア用品を使われていると思います。


スキンケア用品には美容効果のある成分が含まれていますが、食品の中にはこれらの成分を含んだものがあります。


この食品を食べることでインナーケアができます。

 

 

食品の効果を最大限に引き出す食べ方や他の食品との組み合わせ方もあるのでご紹介させていただいております。

 

その他別のお悩みがあれば、対応いたしますのでお電話にてご相談ください。

 


スタッフ 山本

栄養カウンセリングを行いました!~筋肉量を増やしたい~

アトリ_出雲市デイサービス

高校生の野球をしているお子様がおられる親御さんが栄養カウンセリングを受けにお越しくださいました。


「筋肉をつけて体重を増やしたくていろいろ頑張ってはいるが思うように結果に出ない」というお悩みでした。

 

筋肉をつけたいスポーツ選手の方は多いと思いますので、今回は筋肉をつける食事についておおまかにはなりますがご紹介します。

 


まず、筋肉をつけるためにたんぱく質が必要なことは多くの方がご存知だと思います。

 

ですが「たくさん」ってどのくらいとればいいの?とあいまいになってはいませんか?


たんぱく質の必要摂取量は現在の体重体脂肪率によって計算をして算出します。

 


そのため、全員に対してこのくらい摂取していれば良い!という答えはありません。

 

ひとりひとりに合わせた量を計算してあげる必要があるのです。

アトリ_出雲市デイサービス

 

そして計算して出した量をふまえてお客様の1日のおおまかな食事内容をお伺いします。

 

たんぱく質の量が不足気味であれば、今の食事にひと工夫加えるだけでたんぱく質の摂取量を増やすことができる方法をお伝えします。

 

知識がひとつあるだけで毎日の食事メニューが考えやすくなるかと思います。

 

 

また、たんぱく質は1度にどれだけ多くとっても筋肉として使われるたんぱく質の量は1度の食事で40~50g程度だと言われています。


そのため1日で必要量を満たすためには3度の食事以外で行う補食も重要になってきます。

 

 


アトリでは

・補食のタイミングやおすすめの食品、
・プロテインの選び方
・飲むタイミング

などお子様の練習時間や生活リズムなどをしっかり聞いて個々にあった実践しやすい方法をお伝えしていきます。

 


「わが子のたんぱく質の必要量がわからない!」

「いつも少食なのでたんぱく質を十分に摂取できていない気がする・・・」

「食べているのに筋肉量が変わらない・・・」

 


そのようなお悩みをもつ親御さんのお手伝いをできたらと思います。

 

練習+食事で「勝てる体」を作っていきましょう!

 

 

スタッフ 山本

野球選手のフォームチェック!

アトリ_パーソナルトレーニング

先日行った野球選手のフォームチェックの様子をご紹介します。

京都の大学に通っている選手で出雲までトレーニングを受けに来ることができないということで、学校で撮影した投球動画を送ってもらい、フォームチェックを行いました。

アトリ_パーソナルトレーニング

横から見たフォームです。本人はヒップファーストを意識しているということでステップしたときに右肩が下がりすぎています。その結果、ステップ足である左足が地面に着いた瞬間に右肘が上がりきらず、肘の位置がかなり低くなってしまっています。

このフェーズでは写真の赤線のように右肩と同じくらいの高さに肘があるのが理想的です。肘が高すぎると肩関節への負担が大きくなり、SLAP損傷などの野球肩につながるリスクが高くなります。反対に位置が低すぎると肘への負担が大きくなり、肘内側側副靱帯損傷などの野球肘を引き起こしやすくなります。

さらに、球速を高める上でとても重要なリリース直前に起こるしなりの動きが出にくくなり、パフォーマンス低下にもつながります。

 

 

昔から「ヒップファースト」という言葉で指導されることが多いかと思いますが、本来の正しい股関節の使い方は骨盤を回旋させて引き込むようにしたステップ動作になります。

また、ヒップファーストを意識しすぎてステップ足がついたフェーズで踵までしか重心をかけることができておらず、そのあとのしなり動作でつま先方向への荷重がうまくできず、その結果、左足に体重が乗りきらないフィニッシュになってしまっています。

アトリ_パーソナルトレーニング

次に後方から見たフォームです。ステップ足をついた瞬間のつま先の向きを見るとキャッチャー方向よりもかなり閉じているのが分かります。

このフェーズではつま先が完全にキャッチャー方向を向くかやや閉じ気味(右投手の三塁側)が理想です。つま先が閉じすぎるとこのあとに起こる骨盤・体幹の回転運動が起こりにくくなり、全身を使った力強いリリースをしにくくなってしまいます。フィニッシュの形を見ても骨盤が回りきらず右足が上がってきていません。骨盤をしっかりと回転することができていれば、スパイクの裏が上向きになります。

 

 

パーソナルトレーニングでは各種スポーツのフォームチェックをした上で動作改善に必要となるストレッチング・トレーニングなどを専門的に行っています。今回のように遠方で出雲まで来るのが難しいかたは動画を送って頂ければフォーム分析いたします。分析した写真だけでは分かりにくいという方には電話でポイントをお伝えいたします!

料金やご質問がある方はお気軽に下記までご連絡ください。

TEL:0853-81-1464
Email:info@at-re.net

なお、動画を送る際は
・横向きで撮影
・スロー再生
の2点にご協力お願いいたします。

スタッフ(理学療法士) 芹田