足のトレーニングで体幹の安定性UP!

アトリのパーソナルトレーニングでは足先の運動機能まで細かくチェックしています。

 

足は唯一地面に接している部位のため、ボディーバランスを保つためにとても重要です。

土台となる足元が不安定な状態であれば、体全体のバランスを上手にとることは当然できません。

 

先日のパーソナルトレーニングでは片足を一歩前に踏み出すランジ動作で体幹が大きくぐらついてしまい、次の動作に素早く切り替えられない選手を担当しました。

 

アトリ_出雲市デイサービス

この選手の体幹の筋力をチェックすると、全く問題ありませんでした。

しかし、足の動きを見ていくと母指外転筋などの安定した土台作りをしてくれる筋肉がうまく働いていないことがわかりました。

 

そこで、それらの筋を刺激するショートフットエクササイズというトレーニングを実施し、その後にもう一度ランジ動作を行うと、体幹のぐらつきは消え、安定したランジ動作を行えるようになりました。

 

最近、体幹トレーニングが流行り、体幹のバランスを意識される方も多いかと思います。

体幹バランス自体が悪いことでパフォーマンス低下をきたしている選手はもちろんいますが、実は足の機能が落ちていてそのために体幹バランスの悪さにつながっている選手もとても多いといえます。

 

動作を改善してスポーツパフォーマンスを高めるためには様々な運動機能をチェックした上でその人に合ったエクササイズを行うことが重要です。